日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.12 春はまだかな

2018.3.20

こんにちは!

最近の旭川は冬と春をいったりきたり。
暖かいな~と思ったら、また吹雪になってみたり…。
今シーズンは雪が多かったのにプラスして、3月に入ってからもまだ雪が降ることもあり、なかなか雪解けが進みません。
これからは暖かい日が続いて、どんどん雪がとけるのを祈るばかりです。

雪が多い…

この時期はドキドキすることがあります。
それは…屋根の雪がいつ落ちるか、ということです。
屋根から飛び出た雪を『雪庇(せっぴ)』というのですが、雪庇がだんだんとずり下がってくると、その横を通るときはドキドキです。

だいぶ下がってきてます…写真を撮った翌日に落ちて、入口をふさぎました

ちなみに、オオカミの寝室の屋根の雪も先日やっと落ちました。。

さて、前回お伝えした『雪あかりの動物園』は無事に終了しました!

準備はギリギリでしたが、『かばくら(カバのかまくら)』と『すべり台』もどうにか間に合い、たくさんの方に楽しんでいただけたのではと思っています。

このふたつは毎年飼育スタッフが作ります。
飼育作業が終わってから集まって作るのですが、作業中にオオカミたちの遠吠えが!
どうやらほぼ毎日のことのようだったのですが、夜に園内にいることがほとんどないので今まで気づいていませんでした。

園内が静かなので、離れた場所でもよく聞こえます。
こんなふうにエゾオオカミたちの声も響いていたのかな、なんて思えるひとときでした。

かばくら

雪あかりの期間中はイベントやガイドが盛りだくさんで、あっという間に閉園時間になってしまう毎日でした。

そしてオオカミたちはというと。

夜は園内放送の回数が多いので、何回も遠吠えしていました!
いやー、もう、かっこいい。
声だけでもいいけど、やっぱり姿もかっこいい。
そんなかっこいい姿をお見せしたいところですが、私のカメラでは全然写らず…。
これが限界です。

雪あかり

これはやっぱり実際に見てもらわないとダメですね!
夏の夜もいいけど、オオカミは冬の夜が断然オススメです!!

ご旅行の予定はお早めに(^^)

では最近のオオカミたちを。

遠吠え

豚骨もぐもぐ

それではまた!

著者プロフィール

佐藤 和加子 (さとう・わかこ)

旭川市出身。
1999年4月、旭山動物園に配属。
こども牧場、インドクジャク・ホロホロチョウ、ダチョウの担当を経て、現在はシンリンオオカミと北海道産動物舎を担当。
ネコ2匹と暮らしている。(でも本当はイヌ派)

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。