日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.111 特集:ニュージーランドの鳥たち キガシラペンギンに会いたくて
  • 第4期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定100名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

ミッフィーと動物園

ディック・ブルーナ×『どうぶつのくに』 ミッフィーの魅力に迫るうさこちゃんの世界

2010年に誕生55周年を迎えたウサギの「ミッフィー」。『どうぶつのくに』兎年特集号でもミッフィーをはじめたくさんのイラストを提供してく more >>

2011.9.25

どうぶつのくにVol.31 愛媛県立とべ動物園 アフリカゾウの人工哺育

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.31 特集 愛媛県立とべ動物園 アフリカゾウの人工哺育 more >>

2011.9.25

熱帯雨林の動物たち Vol.16 アジアゾウ

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

夕方のキナバタンガン川。水際に40頭ものゾウの巨体が並ぶ光景に遭遇すると、「大自然とはこのことだろう」と、誰もが感激します。視野いっぱいに広 more >>

2011.9.25

「はじめまして」

とべ動物園/高市敦広の「Love & “Peace”」

「どうぶつのくに」をご購読の皆さま、はじめまして。 私は、愛媛県立とべ動物園の高市と申します。 これから時々、ホッキョクグマに関すること more >>

2011.9.25

リビヤネコ

写真家山形豪×『どうぶつのくに』による「アフリカのどうぶつたち」

リビヤネコ(英名:African Wild Cat, 学名:Felis libyca)はアフリカ大陸で最も広範囲に分布するネコ科動物である。 more >>

2011.9.21

「ツキノワグマ:有害駆除という名の闘い」

盛岡市動物公園/辻本園長が語る「盛岡の自然とどうぶつたち」

「八幡様のお祭り過ぎれば,もぅはぁ~下りてこねくなるんだぁ!」 夏場のクマによる農作物被害のため,市担当者や有害駆除隊が連日のように走りま more >>

2011.9.20

Vol.2『ゾウの基礎体温』

楠田博士の「月刊どうぶつ繁殖日誌」

ゾウの体温は何度くらいか知っていますか? どうやって計るか知っていますか? ゾウの体温に関する研究はかなり古くから行われています。 more >>

2011.9.19

四竿目
岩魚釣りも楽じゃ無い
つんのめればセーフ、後ろに倒れれば地獄

加茂水族館のクラゲ館長/村上龍男の「庄内竿はかく語りき」

もう随分昔のことになるが、仕事よりもイワナ釣りが優先して、月のうちの3分の一も釣りに明け暮れていた時期がある。 好きでたまらなかったイ more >>

2011.9.16

いわき市の魚・めひかり制定の意義

ふくしまから世界へ向けて Best "Fishes" from ABE ~安部館長の環境メッセージ~

魚類は約25000種類の大動物群だが、そのうち一生の生活ぶりが解明されている種類はわずか数百種にすぎない。アクアマリンが取り組んだサンマ more >>

2011.9.15

絵本の中のペンギンたちVol.4 | HECTOR PENGUIN

世界の子どもたちに愛される絵本の中のどうぶつたち

HECTOR PENGUIN (ペンギンのヘクター) LOUISE FATIO 著 Roger Duvoisin(ロジャー・デュボアザン) more >>

2011.9.14

絵本の中のペンギンたちVol.3 | Willy Nilly

世界の子どもたちに愛される絵本の中のどうぶつたち

Willy Nilly (ペンギンのウィリーニリー) Marjorie Flack(マージョリー・フラック) 著 Marjorie Flac more >>

2011.9.14

絵本の中のペンギンたちVol.2 | Pingvinerna i Pingstad

世界の子どもたちに愛される絵本の中のどうぶつたち

Pingvinerna i Pingstad (ペンギンの村) Gaby Balander 著 Gerhard Oberlander(ゲルハ more >>

2011.9.14

緑豊かな南極

南極先生/酒井誠至の「南極大陸のどうぶつたち」

「お弁当に白身魚フライって入っていることあるじゃない?今日の授業は、魚フライと南極のお話です。」 「センセ−、僕はハンバーグの方が more >>

2011.9.13

イロワケイルカ・ヒストリー Vol.3

マリンピア松島/神宮潤一の「イロワケイルカ・ヒストリー」

震災後、何気ない日常の大切さについて多くの人々から語られるようになりました。これまで当然に存在していた人やものがあっけなく失われてしまった衝 more >>

2011.9.12

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。