日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.117 特集:浜松市動物園 セナとセピアは “ファム・ファタール”?
  • 第4期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定100名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

ガラパゴス

マイECOとコラボレーション!生物多様性を知ろう!

南米エクアドルの西約1000キロ。ガラパゴス諸島は赤道直下の太平洋に浮かぶ。1835年9月、19の主な島と多数の岩礁からなるこの地に、2 more >>

2011.3.25

温かな破局 刻一刻と進む地球温暖化

マイECOとコラボレーション!生物多様性を知ろう!

干上がる大地、巨大化する熱帯低気圧、溶けていく氷河。地球温暖化の影響と見られる異変が世界各地で相次ぐ。「手をこまねいていると、さらに地球 more >>

2011.3.25

遠い春〜厳冬の地から力強く美しい野生動物の姿

マイECOとコラボレーション!生物多様性を知ろう!

タンチョウ、エゾクロテン、シマフクロウ・・・。雪と氷に支配された冬の北海道で、「遠い春」を待ちながら懸命に生きる野生動物の力強さと美しさ more >>

2011.3.25

ウミガメ〜500万年目の危機

マイECOとコラボレーション!生物多様性を知ろう!

浦島太郎の民話をはじめ、日本でもなじみの深いウミガメ。しかし、近年、捕獲や環境の悪化などで生息数が減少し、IUCN(国際自然保護連合)が more >>

2011.3.25

コスタリカ〜自然保護の先進国

マイECOとコラボレーション!生物多様性を知ろう!

自然保護の先進国として知られるコスタリカには、約9万1000種の動植物が確認されている。 緑の合間に、エメラルドグリーンに輝く野鳥が見 more >>

2011.3.25

塩満慶子:ストーリー性を感じるイラスト

コビトカバ編集長が紹介するどうぶつをカタチにするアーティストたち

<ご本人からのコメント> 私は小さい頃から、猫や犬、インコ、金魚、ハムスターなど生き物をたくさん飼っていていて、中でも猫は more >>

2011.3.24

松野由起子:動物はんこ「はんけしくん」

コビトカバ編集長が紹介するどうぶつをカタチにするアーティストたち

松野さんは、2003年から2008年6月にかけて、上野動物園でアルバイトをしていました。 愛猫「マオ」のはんこを制作したのをきっかけに、 more >>

2011.3.24

円山動物園『どうぶつのくに』読者限定ツアー

『どうぶつのくに』イベントレポート

当日は、震災の影響で当初予定していた、地方からの読者の参加にキャンセルが相次ぎましたが、それでも東京、大阪、そして、地元北海道の皆さんな more >>

2011.3.24

Vol.4 ゴリラは一日に何回うんちをするか

ゴリラ博士/山極教授の「教えて!ゴリラ」

人間と比べて、ゴリラがうんちをする回数は多いのか、それとも少ないのか。体の大きさや食べ物を考えると、いったいどうなんだろうと首をかし more >>

2011.3.20

Vol.3 ゴリラの好物って何?

ゴリラ博士/山極教授の「教えて!ゴリラ」

ゴリラがヨーロッパの動物園に初めて登場したのは19世紀の中ごろです。当時はゴリラが暗黒のジャングルにすむおそろしい動物だと考えられて more >>

2011.3.15

Vol.2 ゴリラの会話

ゴリラ博士/山極教授の「教えて!ゴリラ」

現代の私たちは、言葉や文字を使って会話をすることになれているから、つい相手がどんな表情をしているかを忘れがちだ。今はケータイやメールがあ more >>

2011.3.10

どうぶつのくに Vol.24 ボルネオ・スマトラ特別号 野生どうぶつがくらす島

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.24ボルネオ・スマトラ特別号 野生どうぶつがくらす島 more >>

2011.2.25

Vol.2 穴掘りペンギン

ペンギン博士/上田先生の「ペンギンワールド」

巣穴を掘るペンギンがいる。あるいは、洞窟や岩穴に巣をつくるペンギンもいる。「変なの!?」と思われるかもしれないが、意外に多い。 ペンギ more >>

2011.2.25

Vol.1 ドラミングの秘密

ゴリラ博士/山極教授の「教えて!ゴリラ」

ゴリラと言えば、二足で立ちあがってこぶしで胸をたたいている姿を想像しませんか。これはドラミングと呼ばれています。まるでドラム(太鼓)を叩 more >>

2011.2.25

Vol.1「ラッコのクーちゃん大冒険」

林田定昭の「ラッコ to the FUTURE」

クーちゃん降臨 北海道の東の端に近い釧路市に2009年2月、野生のラッコが現れた。ラッコといえば、水族館でもシャチと人気を2分する more >>

2011.2.25

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。