日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

『どうぶつのくに』vol.59で、サメに負けない存在感を醸して、読者から大きな反響をいただいたのが、大洗冬の風物詩ことキアンコウ。ある意味ではサメよりもはるかに、デリケートで、謎めいたどうぶつだと言えるかも知れません。飼育も繁殖もまだまだ確立されたものではなく、野生下での研究も日進月歩のようですが、どの県よりもアンコウと馴染んできた茨城県の大洗水族館でアンコウにまつわる世紀の大発見が世間を賑わす日も遠くないかも知れません。(田井基文)

Vol.16 マアナゴ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 日本で「あなご」といえばこのマアナゴをさし、天ぷらや蒲焼き、握り寿司と様々な調理法があるおいしい魚です。姿はウナギに似た細長い体形で、特徴 more >>

2015.8.18

Vol.15 セミホウボウ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 関東も梅雨入りし、じわりじわりと気温が上がってきましたね。  少し早いですが、夏を象徴する「アレ」に似た魚がやってきました。「セミホウボ more >>

2015.6.19

Vol.14 シロカサゴ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 新人さんの初々しい姿がほほ笑ましい季節、この魚も今年の3月から「大陸棚3」水槽にデビューしたいわゆる“新人”です。  素直にエサを食べて more >>

2015.5.23

Vol.13 コバンザメ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 コバンザメはサメやカジキ、ウミガメなど、大型生物にくっついて生活するおもしろい習性があることをご存知の方も多いかと思います。では、「どのよ more >>

2015.4.28

Vol.12 ヒラメ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 ヒラメは茨城県の県魚として親しまれています。当館では屋外の海藻水槽でカレイと共に展示しており、お互いを見分けて楽しむことができます。   more >>

2015.3.23

Vol.11 ミズダコ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 日本では本州中部以北から北海道に分布し、水深100~200mの海底に生息しています。タコの仲間では最大で、大型のオスだとなんと約3mにまで more >>

2015.2.26

Vol.10 カリフォルニアアシカの赤ちゃん誕生

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 8月30日午前1時ごろ、カリフォルニアアシカの赤ちゃんが生まれました。元気いっぱいな男の子です。お父さんはナッツ、お母さんはココ。何でも簡 more >>

2015.1.17

Vol.9 カブトクラゲ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 水槽の前で「キラキラ光ってきれいだね!」とみなさんに人気なのが、今回ご紹介するカブトクラゲです。このクラゲは、体の表面を電気がゆっくりと流 more >>

2014.12.10

Vol.8 アオウミガメ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

アオウミガメは、熱帯から温帯域の暖かい海に広く分布し、茨城県の沖合いにもやってきます。世界に7種類1亜種のウミガメの中では、珍しく海藻類を主 more >>

2014.10.12

Vol.7 アユ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 これほど日本の風土・文化にマッチし、1年という短い一生の中で劇的に生態の変化を見せる魚はいないのではないでしょうか。秋の終わり、川でふ化し more >>

2014.8.23

Vol.6 クサフグ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 背中の白い斑点模様と胸びれの後ろにある黒い斑紋が特徴のフグの仲間です。見た目は丸い体型で少しからだが重たそうですが、ひれをパタパタと器用に more >>

2014.7.20

Vol.5 タカアシガニ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

 タカアシガニは、日本では岩手県から九州にかけての太平洋沿岸域に広く分布し、水深50mから500mの海底で生活しています。脚がとても長く、両 more >>

2014.6.17

Vol.4 ホシエイ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

ホシエイ Dasyatis matsubarai  当館で一番大きな水槽の「出会いの海の大水槽」には、ホシエイという黒くて大きなエイがいま more >>

2014.5.13

Vol.3 サケ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

サケ(サケ科) Oncorhynchus keta      サケは毎年秋から冬にかけて川で孵化し、春先に海へ more >>

2014.4.13

Vol.2 マイワシ

江美敦子による「大洗の風物詩・アンコウの物語」

マイワシ(ニシン科)      マイワシはイワシ類の中でも最も大きくなる種類で、体側の黒い斑点が特徴的な魚です more >>

2014.3.6

12

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。