日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

どうぶつの専門家には、共通する欲求があります。「見てみたい」「触りたい」「写真を撮りたい」、そしてもうひとつ究極の欲求が「食べてみたい」です。そしてこの欲求を誰よりも満たそうと日々努力している飼育係が竹島水族館に!深海の珍味レポート、ぜひご賞味あれ。(田井基文)

Vol.14 ヤマトトクリウミグモ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

映画「エイリアン」のモデルになったという噂を聞いたことがあります。本当なのでしょうか。あれほど素早く動いていたら、私は発狂して海洋生物嫌にな more >>

2017.2.24

Vol.13 ヒシダイ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 ヒシダイは水深40~900mに生息しているようですが、当館には全くと言ってよいほど生きた状態では搬入されません。ただ、漁師さんに聞いてみる more >>

2017.1.29

Vol.12 メンダコ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 メンダコはメディアでも取り上げられ、ここ数年の間に知名度が上がった深海生物の1つです。テレビ放送が行われれば、「メンダコはどこにいますか? more >>

2016.12.27

Vol.11 チカメキントキ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 今回は、見るからに美味しそうなチカメキントキです。  生息水深は100m前後という事ですが、もう少し深い水深にもいるようで、 more >>

2016.12.3

Vol.10 ベニカワムキ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 水深100m以深の深海に住んでおり、おちょぼ口で成長しても10cmほどにしかならない可愛らしいお魚で、深海漁シーズンになると毎回やってきま more >>

2016.10.24

Vol.9 ヌタウナギ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

浅い海から水深740mくらいまで住んでいる深海魚で、韓国では食用になるなど、資源として利用されていますが、日本ではメジャーな食用魚ではないた more >>

2016.10.1

Vol.8 オサテエビ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

深海の激レア珍種。当館では、毎年のように搬入・展示をして見ており、リピーターの方たちも「また入ってくる季節がきたね」という感じで見てくれてい more >>

2016.9.5

Vol.7 ケスジヤドカリ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 水深20~200mという幅広い水深に住んでいる大型の種類で、毎年、漁師さんに搬入の一時中止をお願いする程、大量に運び込まれます。 more >>

2016.7.29

Vol.6 イガグリガニ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 当館では、生き物に触れるタッチングプール“さわりんぷーる”があり、 冬~春までの間(人気で期間延長自は初夏まで)は内容が深海生物、それ以外 more >>

2016.7.2

Vol.5 エビスダイ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

水深100mより以浅に生息しているというエビスダイ。 大きさは約40cmになり、体色も赤く、体格も良い、水槽内の中層付近の目立 more >>

2016.6.17

Vol.4 オオグソクムシ第2調理法

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

前回は、茹でオオグソクムシでしたが、今回は焼きオオグソクムシです。 茹でている間は、お湯がグツグツと沸騰しているため、茹でられているオオグ more >>

2016.6.11

Vol.3 人気有名深海生物 オオグソクムシ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

今回は、国内で当館が初めて孵化に成功させたオオグソクムシ。 この生き物は私がグルメハンターとして最初に食べた深海生物で、とても思い入れ more >>

2016.4.11

Vol.2 生き物のエサの味

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

竹島水族館のグルメハンターといえば、私のことです。当館には私以外にグルメハンターを名乗っている職員はいませんし、跡継ぎも現在の所いません。こ more >>

2016.3.8

Vol.1 オキナエビ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

皆さま初めまして。竹島水族館の三田(さんだ)と言います。今回から連載でコラムを書かせて頂くことになりました。当館では“グルメハンターさんちゃ more >>

2016.1.25

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。