日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.75 ヒシダイ

2022.7.4

今シーズンの深海漁は終了したようです。今期は深海ヤドカリが豊富に搬入されて、かなりの激レア種も搬入されました。夏が始まりましたので、深海シーズンは一旦終了なのですが、当館には珍種を含めた深海生物の展示・飼育は続きますので、夏は高温のため維持するのが大変です。ま、担当は後輩スタッフなのですがね。

さて、今回お伝えするのはヒシダイ。以前にもお話ししましたね。今回はちょっと変えて味付けをしたお話。グルメハンター的には滅多にやらない味付け調理。

ヒシダイの煮つけ。名前からして美味しそう。

内臓の下処理をして、砂糖、しょうゆ、酒で煮ます。見た目は少し変わった魚ですが、なんてことはない、普通の調理風景です。

美味しそうと箸を入れると、すぐにミスをしたことが判明。

ウロコ処理を忘れました。ショックです。
まあ、そんなことは気にせずに身に箸を入れます。身はしっかりしており、身離れも良い。
そして味も抜群に美味しい。これは晩ご飯のおかずに最高。

グルメハンターも、たまにはこんな美味しい魚も食べたいです。

著者プロフィール

三田 圭一 (さんだ・けいいち)

名古屋コミュニケーションアート専門学校 卒業後、竹島水族館 入社
入社年からグルメハンターとして試食開始。

担当:淡水生物、海水魚、深海生物、サンゴ、カブトガニ、クラゲ、の担当を経て、現在はアシカ(ショー含む)と両生類爬虫類、深海生物、ゲテモノ食をメイン担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。