日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.79 ヒメエボシのある部位

2022.11.6

ヒメエボシについて、もうひとつ。

前回は、茹でましたよ、あの部分は以下のような食感でしたよ、というお話をしました。
こちらの写真は茹で上がり後のヒメエボシガイです。

まだ読んでない方は、まずはそちらをどうぞ。それでですね、他の箇所も食べました。

早速ですが、これがその部位です。

写真にも表記しているように、この白い部分です。これはなんでしょうか。

正直、よく分かりません。この白い部位はいったいなんでしょう。食べても大丈夫なのか。

3つありました。

食べてみると、まず、プチっと弾けて味は無い。臭いも無い。
これは何だったのでしょうか。とりあえず体に変調無し。

著者プロフィール

三田 圭一 (さんだ・けいいち)

名古屋コミュニケーションアート専門学校 卒業後、竹島水族館 入社
入社年からグルメハンターとして試食開始。

担当:淡水生物、海水魚、深海生物、サンゴ、カブトガニ、クラゲ、の担当を経て、現在はアシカ(ショー含む)と両生類爬虫類、深海生物、ゲテモノ食をメイン担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。