日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.46 ワヌケフウリュウウオ

2019.11.1

なんか好きなんですよ。何を考えているのか分からない顔、どこを見ているのか分からない目、好きです。ワヌケフウリュウウオという深海魚です。

泳ぐのが苦手で、ギコチナイ。これも、カワイイ。

必用なものは、ワヌケフウリュウウオとフライパンと包丁。
まずは、包丁で腹部を開き内臓を取り除き、あとは、焼くだけ。
ウロコは繋がって鎧のように固くなっているため、熱したフライパンにくっ付くこともありません。

腹面、背面を焼いて完成です。

焼いた、フウリュウウオはとても堅く、包丁も箸も役に立たない為、キッチンバサミで、解体していきます。

身は弾力があり硬かったので、噛り付きましたが、なかなかの歯応え。硬い鶏肉のよう。

白身ですが、味もたいしてなく美味しくないです。

著者プロフィール

三田 圭一 (さんだ・けいいち)

名古屋コミュニケーションアート専門学校 卒業後、竹島水族館 入社
入社年からグルメハンターとして試食開始。

担当:淡水生物、海水魚、深海生物、サンゴ、カブトガニ、クラゲ、の担当を経て、現在はアシカ(ショー含む)と両生類爬虫類、深海生物、ゲテモノ食をメイン担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。