日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.1 鳥の王様

2017.2.7

福岡県久留米市にある久留米市鳥類センターは、日本で最初の鳥の動物園として開園しました。“鳥類センター”という名前のとおり、園内には多くの鳥類を飼育しています。
その中でも「鳥の王様」といわれる鳥類はなんだか分かりますか?…そう!クジャクです。

クジャクのオスが上尾筒(目玉模様の羽)を広げてメスに求愛する姿は有名ですよね。
鳥類センターでも繁殖期になるとクジャクたちが一斉に羽を広げ、美しさを競う姿を見ることができます。

この上尾筒は、体のどの部分の羽なのか知っていますか?
その見た目から、よく尾羽と間違えられますが・・・正解は腰から伸びている羽です。

意外と知られていませんが、「鳥の王様」と言われるクジャクも、このように上尾筒が抜け落ちてしまうと、なんだか寂しい姿になってしまいます。
クジャクが美しい羽を広げる姿は、繁殖期(春~秋)だけに見られる光景です。
繁殖期以外は少し物足りない姿になりますが、季節によって変わるクジャクの姿にも注目してみて下さい。

著者プロフィール

樋口 なおみ (ひぐち・なおみ)

福岡県久留米市生まれ。
動物(特に鳥類)が好きで、小さい頃よりチャボや烏骨鶏を育てる。2007年より久留米市鳥類センターに勤務。
鳥の魅力を発信したいと、飼育鳥類を特集した「手作り情報誌POPPO」を作成している。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。