日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.6 マナティーの体重測定

2012.11.20

11月1日の「計量記念日」にアフリカマナティー「みらい」(メス、推定4歳)の体重測定をおこないました。これは、ちょうど入館2周年を迎えるみらいがどれほど成長しているのかを確認して、今後の健康管理に活かすためにおこなっているものです。

 

 

体重測定は、予備水槽の水を抜いた後に担架に乗せて吊り上げる方法でおこないますが、実は、みらいにとって、このような測定は今回で4回目。いつもと違う周囲の様子にも全く動じることはなく、私たちスタッフに押されようが転がされようが、されるがまま。体重測定にすっかり慣れた様子です。このため、各部の計測や血液採取も問題なく順調に終えることができました。

 

 

一方、「はるか」と「かなた」は、すでに計測できないほど大きくなっているので、現在は体重測定をしていません。そんな彼らが初めて担架に乗せられたのは、今から16年前、アフリカで蓄養プールから日本へ移送されるときでした。すでに成獣だったこともあって、担架に乗せるだけで一苦労。私の黒いTシャツを目隠しにして落ち着かせたことが懐かしく思い出されます。

 

 

さて、今回、みらいの体重はどれぐらいだったのでしょうか。結果は大方のスタッフの予想を下回って、300kg。半年前の計測時と比べると体重10kg減でした。それでも、みらいの健康状態は良好で、普段は、かなたの口元から餌を横取りしてしまうおてんばな一面も見せることもあるほどです。

著者プロフィール

森滝丈也 (もりたき・たけや)

富山大学理学部生物学科卒業後 1994年鳥羽水族館に入社。
現在、アフリカマナティーと海産無脊椎動物、魚類を中心に担当。
飼育研究部 係長  学芸員

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。