日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.5 トラのふたご

しろとりの翼

7月25日に2頭のベンガルトラの赤ちゃんが生まれました。 男の子の海(カイ)くんと女の子の空(クウ)ちゃんです。 はじめはお more >>

2019.9.22

『どうぶつのくに』×Maison de perles コラボレーション展2019

『どうぶつのくに』編集部からのお知らせ

『どうぶつのくに』編集 長田井基文が世界的に有名な刺繍作家、小林モー子さんとコラボレーション!9月27日(金)〜29日(日)の3日間、Pad more >>

2019.9.21

Vol.46 涼しくなりました

大阪/五月山のウォンバットWANTED

秋の気候に変わり、ウォンバットたちも活発になってきました。 この前までは巣穴に籠りっぱなしのユキもこの日は飼育員が掃除をしている周りをウロ more >>

2019.9.21

Vol.24 パラオ 食料として狩猟されてきたパラオオオコウモリ

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 アジアや太平洋、アフリカの一部地域では、コウモリを食料としている。伝統的な食材だったり、薬効が信じられていたり、市場で家畜の肉を買うよりも more >>

2019.9.16

Vol.62 マレーの番です

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

さてさてみなさん、最近ここ”高知県香南市(こうちけんこうなんし)”がにわかに脚光を浴びていることをご存じですか?そうです、あの大人気ドラ more >>

2019.9.11

Vol.75 チョビヒゲクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

九十九島周辺では過去約13年間の調査で4個体しか確認できていない希少種です。チョビヒゲクラゲは2007年4月と8月に日本で初めて九十九島で more >>

2019.9.5

Vol.82 手で触れること

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

福岡では7月の末頃からしのぎがたい暑さが続いていましたが、夏休みの後半は急に涼しく過ごしやすくなりました。福岡市では今日から新学期が始まり、 more >>

2019.8.31

Vol.11 DNA研究と、生物進化の考え方

旭山動物園第9代園長、坂東元の「ゲンちゃん日記」

夜間開園昨年の様子(写真提供:旭川市旭山動物園) 今年は昨年と打って変わって雨が降りません。園内を見渡すと芝生の緑がどん more >>

2019.8.30

Vol.25 渚の露

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

鹿児島では今期の梅雨はけっこうな量の雨が降り、海中にも少なからず影響がありました。梅雨の後半に行った潜水調査では、海中の濁りが大変ひどく、視 more >>

2019.8.29

Vol.44 トラフカラッパ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

トラフカラッパというカニはご存知でしょうか。近海シーズンに多くやってくるカニで、個人的には好きな種類です。多い時には1度の搬入で10匹くらい more >>

2019.8.28

Vol.42 ウミグモ

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 竹島水族館には色々な深海生物がいますが、それぞれ変わった特徴を持っています。たま~にあまり特徴のない子もいますが、それなりに個性豊かです。 more >>

2019.8.27

Vol.59 人工保育中のアシカの赤ちゃん その後

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

今年の6月28日。伊勢シーパラダイスにてまさかの仮死状態で生まれて来たカリフォルニアアシカの赤ちゃん。 その後、良い意味で予想外に順調に育 more >>

2019.8.26

どうぶつのくに Vol.126 特集:マリンワールド海の中道 ラッコのマナとリロ

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.126 特集:マリンワールド海の中道 ラッコのマナとリロ more >>

2019.8.25

Vol.45 カジカジ噛んで

大阪/五月山のウォンバットWANTED

暑さのピークが過ぎ少しずつですが気温が下がってきました、ですがまだまだ暑くウォンバットたちも舎内に籠っていることが多いです。 この日は、 more >>

2019.8.23

Vol.98 生命の波紋

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 僕はテンやオコジョ、イタチ、イイズナをまとめて親しみを込めて「胴長」と呼んでいる。 胴長族特有のぬめぬめした動きはユーモラスで、大抵は手 more >>

2019.8.22

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。