日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

どうぶつのくに Vol.134 特集:須坂市動物園 困り顔アイドルの アカカンガルー“いと”

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.134特集:須坂市動物園困り顔アイドルの アカカンガルー“いと” more >>

2020.5.12

Vol.13 ヤマアカガエルの産卵

伊豆アニマル通信

以前は、たくさん棲んでいた身近な生物の姿を見かけなくなった・・・皆さんにも、経験があるのではないでしょうか。今回紹介する“ヤマアカガエル”は more >>

2020.4.28

Vol.50 よく分からないヤドカリ

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

竹島水族館にやって来るヤドカリの中に、かなりレアな種類がいるのですが実は名前がよく分かりません。写真のコなのですが、イイジマオキヤドカリ、も more >>

2020.4.26

Vol.12 家族がふえました!

しろとりの翼

今年もワオキツネザルの赤ちゃんが無事に産まれてきてくれました! お母さんのお腹や背中にしっかりと捕まって毎日スクスク成長中です more >>

2020.4.24

Vol.4 ナマズは今年も田んぼにやってくるか? 

“名人”金尾の江州琵琶湖の新「湖中産物図証」

もうすぐ田植えの季節。琵琶湖の周りにある田んぼに水が入ると、まるで琵琶湖が広がったように一面が水の世界になります。そして、暖かい春雨が降ると more >>

2020.4.21

Vol.50 マツカサウオVol.2+

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

水族館の魚で注目されたり人気があるものは、やはりカラフルな熱帯魚やグロテスクな姿の種類が多い深海魚ですね。竹島水族館でもお客さんを見ていると more >>

2020.4.20

Vol.33 センジュミノウミウシの大発生

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

怖い思いをしながらの生活が続いていますね。 かごしま水族館も今月11日から休館となりました。 毎月プライベートで行っていた潜水調査も、悩 more >>

2020.4.19

Vol.42 パタスモンキー

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! 世界的に大変な春を迎えていますが、いかがお過ごしでしょうか? 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ときわ動物園も more >>

2020.4.18

Vol.91 マナノート

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

マリンワールドが臨時休館になり、わたしも自宅待機をする日が多くなりました。こんな時間は今までなかったので、これを機に、家中の掃除をしたり、た more >>

2020.4.17

Vol.31 タイ コウモリ旅いろいろ

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 コウモリの会のメンバーによるタイの調査は、サイヨーク国立公園とパポー村が中心だが、その行き帰りに皆といっしょに他の場所でコウモリ観察をした more >>

2020.4.15

Vol.52 満喫

大阪/五月山のウォンバットWANTED, 未分類

春になり、今年も綺麗な桜が咲き誇っていました。ウォンバットのワインの放飼場前にも一本あり、日々変化する様子に目を楽しませてくれていました。で more >>

2020.4.14

Vol.82 ナンヨウタコクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では約15年間の調査で1個体しか確認できていません。タコクラゲのように8本の口腕があり、全体的に茶色の体色をしています。傘には more >>

2020.4.13

Vol.90 Happy Birthday RIRO♡

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

今年も海の中道駅前の桜がきれいに咲き揃いました。青い空に映える桜や菜の花の周りを飛び交うモンシロチョウ、小さな生きものたちが動き出す、春はわ more >>

2020.4.12

Vol.106 アイスブレイクと感染症と。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 気温が高く、雪も極端に少ない異例の今年の冬と春への途上。 日に日にストーブの火も最小に。 夜、デスクのパソコンに向かい、その節々で本を more >>

2020.4.10

Vol.49 恒例のあれ

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 最近めっきりオオグソクムシのことを書いておりませんでしたが、つい先日毎年恒例の大量のオオグソクムシがやってきました。その数およそ400匹! more >>

2020.4.7

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。