日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.59 すべてはカモシカ次第、全力疾走編!

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

今回はカモシカの話題を(^o^)丿 (カモシカのカイ。とがった角と体毛の黒さ、顔周りの白い毛の色が特徴。) カモシカは普段の more >>

2019.7.22

Vol.44 ジメジメ陽気

大阪/五月山のウォンバットWANTED

ジメジメとした日が続き、ウォンバットたちも気だるそうな様子を見ることが多くなってきました。 高齢のワインも舎内に籠っている時間が長くなって more >>

2019.7.21

Vol.3 カピバラの赤ちゃん

しろとりの翼

6月2日にカピバラの赤ちゃんが誕生しました。 今回は群れでの移動を控えているということもありすぐに人工哺育のほうに切り替えられました。 more >>

2019.7.20

Vol.97 魚群と、けものと、人と。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 最近、不意に「八木さんの写真は主に何が対象なんですか?」というような質問を受けた。 作品を見れば分かりそうなもの‥と、一瞬回答に窮したが more >>

2019.7.18

Vol.14 涼しい7月をむかえて

小諸のお城のアイドル“さくら”

みなさん、こんにちは。 今年の七夕には、みなさんはどんな願い事をしましたか。 私は、動物たちのしあわせと今年3月に生まれたペンギンのヒナ more >>

2019.7.17

Vol.38 シシオザル

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! なかなか雨が降らなかった今年、山口県では観測史上最も遅い梅雨入りをし、おそらくもうすぐ梅雨明け。 毎年この時期の私 more >>

2019.7.15

Vol.22 ロタ島2 バード&バットウォッチング

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 ロタ島と言えば、バードウォッチングの島だ。1990年代後半にロタ島に来たときは、オオコウモリがあまり観察できない分、バードウォッチングをし more >>

2019.7.14

Vol.57 ゴマフアザラシの赤ちゃんのその後

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

2019年3月23日に伊勢シーパラダイスで生まれましたゴマフアザラシの赤ちゃんですが、その後、引き続き人工保育で順調に育ちましてなんだかんだ more >>

2019.7.12

Vol.48 命に感謝

国見知里の「続・ふれあい天国」

こんにちは! 毎日雨ばっかりの那須ですが今年からは、回廊があるので雨でもラクにタウン内を移動できています♪ 那須どうぶつ王国ではこの more >>

2019.7.7

Vol.73 チギレコザラクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

九十九島周辺では毎年、春から夏にかけて出現する傘径が3㎜程度の小型のクラゲです。放射管は5本で、口唇も5つあり、生殖巣は楕円形で放射管上に more >>

2019.7.6

Vol.42 イバラガニモドキ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

いつも変なゲテモノばかり食べていますが、時々、美味しい生き物も食べることはあります。ウキウキです。 イバラガニモドキ。年に数匹は搬入さ more >>

2019.7.3

Vol.61 「令和元年会議」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

みなさーん、ほらすぐに戻って来たでしょう?今回は”お久しぶり”というワードは使いません。そして、ちょっとマジメなお話です。前回も少しお伝 more >>

2019.7.2

Vol.40 ドイツ視察の旅

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 「どうぶつのくに」の編集長、田井さんに誘われてドイツの水族館や動物園、博物館を視察に行ってまいりました。もちろん僕の一番の目的は水族館なの more >>

2019.7.1

Vol.58 熟睡…

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

ブログのネタ探しに展示場で撮影会をしていたところ、 背景で爆睡しているカンガルーを発見! 真上からシャッターを押 more >>

2019.6.28

Vol.23 ビーチコーミング調査

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

多くの人は海に行ったときに浜辺を歩いて貝がらを拾った経験があると思います。これをビーチコーミングといい、浜に打ちあがるさまざまな漂着物を拾い more >>

2019.6.27

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。