日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.50 ニューカレドニア1 La roussetteという名のツリーハウス

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 南太平洋のフランス領ニューカレドニアは、オーストラリア大陸とフィジーの真ん中あたりに位置している。オオコウモリは4種類いて、日本からの直行 more >>

2021.11.18

のんびりするカンガルー

『どうぶつのくに』チャンネル

【撮影年】2021年 【撮影場所】須坂市動物園 https://vimeo.com/646316985 more >>

2021.11.17

Vol.20 ~ぐーたらカンガルー?!~

須坂からやってきた「カンガルー便り」

「いつも寝ている」というイメージのアカカンガルー。 実は、薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)で、夕方から朝方にかけて活発に動き始めます。 more >>

2021.11.16

Vol.66 深海生物をどうやって調べるのか

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 タイトルの通りです。今回はどうやって深海生物を調べるのかというお話です。お客さんや業者さんとお話ししていると聞かれることがあるのですが、ど more >>

2021.11.15

Vol.52 サラームミノウミウシとセイタカイソギンチャク

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

内湾のマリーナなど、閉鎖的で栄養塩が豊富な場所、簡単にいえばあまり清浄ではない淀んだ海には、岸壁やフロートなどにセイタカイソギンチャ more >>

2021.11.14

KIFUZOOのいち動物公園「あさのいち3」

『どうぶつのくに』編集部からのお知らせ

[video width="1920" height="1080" mp4="http://www.doubutsu-no-kuni.n more >>

2021.11.10

Vol.54 王国の魅力

国見知里の「続・ふれあい天国」

こんにちは! 今回は私が思う王国の魅力を紹介します。よければお付き合いください(*^^*) まずなんといっても動物達のパフォーマンス more >>

2021.11.4

Vol.72 アシカの赤ちゃんのその後

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

2021年7月5日に伊勢シーパラダイスで生まれたカリフォルニアアシカの女の子の赤ちゃんですが、その後まずまず順調に育ち、生まれた時は6.0㎏ more >>

2021.10.31

Vol.65 水牛の角の置物

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 最近事務仕事がやたらと増えて、めっきり深海生物に触れ合う機会が減ってしまいました。悲しみに暮れています。そんな気持ちとは裏腹に深海生物が水 more >>

2021.10.30

Vol.9 神の鳥を呼び覚ます!

写真家森勝彦の「奇跡の鳥ライチョウ」

 前回は、人目に付き難く発見が容易ではなく、さらに見かけても何かよそよそしい季節との内容のお話を書かせて頂きましたが、そんな高山の秋も彼らの more >>

2021.10.29

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。