日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • 
どうぶつのくに Vol.97 特集:旭川市旭山動物園 オオカミたちの遠吠えは 北の大地に谺する福音か
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

Vol.46 2月9日はフグの日!!

下関・海響館の「続・”美人”ふく通信」

2月です。2月9日は2・9(ふ・く)ということで、フグの日です!海響館では、このフグの日に合わせて3階フグコーナーの展示替えを行います。 more >>

2017.2.9

Vol.1 鳥の王様

久留米市鳥類センター樋口なおみの「鳥の楽園より」

福岡県久留米市にある久留米市鳥類センターは、日本で最初の鳥の動物園として開園しました。“鳥類センター”という名前のとおり、園内には多くの鳥類 more >>

2017.2.7

Vol.45 カギノテクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

   九十九島周辺では毎年、春に出現します。傘径が1~2cm程度の小型のクラゲで傘縁に約100本の触手と同数の平衡胞がありま more >>

2017.2.6

Vol.5 ~番外編~ カワネズミ

平澤桂による「ふくしまを生きる水辺のいきものたち」

和名:カワネズミ 学名:Chimarrogale platycephala 今までどうぶつのくにで虫というミクロの世界をご紹介してき more >>

2017.2.5

Vol.8 オオカバマダラ

写真家海野和男×『どうぶつのくに』による「昆虫の世界」

 オオカバマダラは初夏から秋にかけて北アメリカに広く分布し、アメリカではモナーク(皇帝)と呼ばれる有名なチョウだ。 [caption more >>

2017.2.4

Vol.12 オオグソクムシの遠い親戚

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 遅くなりましたが皆さま明けましておめでとうございます。今年も細々とオオグソクムシ関連のお話をしていきたいと思いますのでよろしくお願い致しま more >>

2017.2.3

Vol.4 マルチビゲンゴロウ

平澤桂による「ふくしまを生きる水辺のいきものたち」

和名:マルチビゲンゴロウ 学名:Leiodytes frontalis マルチビゲンゴロウ(体長1.5mm)  前回 more >>

2017.1.31

Vol.40 繋がっちゅうぜよ

わんぱーくこうちアニマルランド/吉川飼育係のコアリクイ子育て奮闘記「いつか脱走するのかな?」

 コアリクイを愛する世界中のみなさん、『KONNICHIWA』~☆ 私は、日本で暮らすコアリクイたちがもっと幸せになれるように、動物園で働 more >>

2017.1.30

Vol.13 ヒシダイ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 ヒシダイは水深40~900mに生息しているようですが、当館には全くと言ってよいほど生きた状態では搬入されません。ただ、漁師さんに聞いてみる more >>

2017.1.29

Vol.48「くまモンおそるべし」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

 みなさん、ハッピーニューマレー!なんとか1月中に更新できましたー、今年もどうかマレー界およびこのコーナーをよろしくお願いします。さてさて、 more >>

2017.1.27

どうぶつのくに Vol.95 特集:のとじま水族館 ラッコのラスカと、水族館

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.95 特集:のとじま水族館 ラッコのラスカと、水族館 more >>

2017.1.25

Vol.80 バンテン

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

 バンテンは、深い森林に棲む野生のウシです。ボルネオではアジアゾウ、スマトラサイに次ぐ大きな哺乳動物で、頭胴長200~250センチ、尾長70 more >>

2017.1.25

Vol.15 ぽかぽか日記 祝!お名前決定!の巻

ニシレッサーパンダぽかぽか便りfrom熱川バナナワニ園

こんにちは!新年も明けて、早くもひと月になりますね。みなさん、良い一年のスタート出来ていますか?受験生のみなさん、また、受験生のご家族のみな more >>

2017.1.23

Vol.32 笑う門には福来る

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

みなさま、新年いかがお過ごしでしょうか? フクロウも、縁起が良いと言われる鳥のひとつです。 「福来朗」、「不苦労」といった当 more >>

2017.1.22

Vol.4 雪化粧のイルカスタジアム

うみの杜から、いのちを考える

皆さま、明けましておめでとうございます。本年も『仙台うみの杜水族館』をよろしくお願いします。 全国的にも気温が下がり始め、真冬の到来ですね more >>

2017.1.19

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。