日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.105 特集:ベルリン水族館 ”三つ目”なあいつはムカシトカゲ
  • 第4期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定100名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

Vol.89 ボルネオの森と動物たち その8 森林の立体構造

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

 同じ面積のゴルフ場と森林、どちらのほうが豊かな生物相を有するのか。言わずとも明白なことです。また、日本の森林を平屋建てのスーパーマーケット more >>

2017.10.25

Vol.12 最初から出来るわけじゃないんだよ

うみの杜から、いのちを考える

みなさんこんにちは!今日は『仙台うみの杜水族館』のうみの杜スタジアムにくらしているバンドウイルカの『カール』について紹介したいと思います。 more >>

2017.10.18

Vol.21 漁期初旬のオオグソクムシ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 先日、某テレビ撮影で深海生物を食べる機会がありました。  深海漁期は9月からで、食べるのは今シーズン初です。今シーズン初試食生物はオ more >>

2017.10.17

Vol.54 時にはケンカもします

下関・海響館の「続・”美人”ふく通信」

 フグというと、のんびりしていて平和そうなイメージを持たれるかもしれませんが、実はフグ同士でケンカが起こることも水槽内ではよくあるんです。フ more >>

2017.10.15

Vol.52「今年も写真コンテストに集マレー」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

 もう言い訳もしません、いきなり本題に入ります。ちょっとばかり休んでいましたが、今回はどうしても言いたいことがあってこの場に戻ってきました。 more >>

2017.10.10

Vol.53 キタヒラクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に出現します。ほぼ毎年、確認できますが、年によっては大量に出現することがあります。     more >>

2017.10.9

Vol.76 ヤマの使い、ヤマドリ。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 枯れたイタドリのヤブをくぐり抜ける。 22センチの靴には冷たい泥が付着し、うっすらと煤けたジャンパー越しに肌寒さを感じる晩秋、野外で遊ん more >>

2017.10.8

Vol.60 新しく進むみち

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

晴れ渡る青空とさわやかな風が心地よい季節になりました。わたしはスーパーでりんごや梨、柿を見ると、うきうきします♪ 「食欲の秋」と言うことば more >>

2017.10.2

Vol.3 ホンダワラコケムシを見つけたら

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

 ホンダワラコケムシというコケムシがいます。水温が高くなる夏に繁茂し、あっという間に姿を消してしまう生きものです。漁網や海上イケス、フロート more >>

2017.10.1

Vol.20 深海生物の飼育

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 というわけで耐震工事中に付き竹島水族館は閉館しておりますが、水族館の中ではちゃんとスタッフが働いております。むしろいつもよりやることが多い more >>

2017.9.27

Vol.7 3度のメシより旭山

佐藤和加子の「北の大地、オオカミの森から」

こんにちは! 旭川はすっかり秋です。 最低気温が10℃を下回る日も増えてきました。朝晩は寒いです。 それでも天気がいいときは20℃を越 more >>

2017.9.26

どうぶつのくに Vol.103 特集 沖縄こどもの国 やんばるの森と、闇夜を駆けるペガサス

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.103 特集 沖縄こどもの国 やんばるの森と、闇夜を駆けるペガサス more >>

2017.9.25

Vol.88 ボルネオの森と動物たち その7 森林の減少と動物

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

 ボルネオ島は、かつては全域が森林に覆われていました。生き物は、外来種を除き、すべて森林に起源を持つ種類です。今回は私が考えた図をもとに話を more >>

2017.9.25

Vol.47 里山を駆けるカモシカ

写真家森勝彦×『どうぶつのくに』による「SATOYAMA・JAPAN」

 自分が子供の頃は高度成長期と呼ばれる時代でした。交通手段がバイクから自家用車に変化し、ラジカセなるものが登場しだした時代でした。モノは今か more >>

2017.9.22

Vol.43 トドの赤ちゃんやっと離乳か!?

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

以前にご紹介しました2016.7.10に伊勢シーパラダイスで生まれましたトドの赤ちゃんですが、最近(2017年9月)になってやっと離乳に向け more >>

2017.9.19

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。