日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.108 特集 ヴッパタール動物園 アフリカゾウ+飼育係=ファミリー!
  • 第4期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定100名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

Vol.55 膨らむ

下関・海響館の「続・”美人”ふく通信」

フグと聞いてイメージするのは、膨らんだ姿だという方も多いのではないでしょうか?海響館でも膨らんでいない通常の状態のハリセンボンを見たお客さん more >>

2017.11.16

Vol.53 「速報、蛍池へ急げ!」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

 さてさて、今回は全国マレーファンのみなさんへ急いでお伝えしたいことがあります。それは、「とにかく、蛍池へ急げ!」です。私もまだ詳しいことは more >>

2017.11.15

Vol.2 クリスマス島にクロミミオオコウモリを見に行く(その2)

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 オーストラリア領クリスマス島に行った話の続きである。  小さな空港に着くと、両替所がない。週に1便シンガポールからの到着以外は、オースト more >>

2017.11.14

Vol.6 トキの自然育雛

野田英樹の「トキ、時々、カメ」

まずは自然育雛に挑戦  分散飼育地でのトキの人工繁殖も軌道に乗り、いしかわ動物園以外にも、多摩動物公園、島根県出雲市、新潟県長岡市でト more >>

2017.11.13

Vol.77 モクズガニ、魚神と川神の仲介者。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 ニュースでご存知の方も多いと思うが、サケが全然いない。 羅臼の市場ではオスの浜値が最初1,200円だったのが、一週間毎に100円ずつ上昇 more >>

2017.11.12

Vol.21 ひたすらかっこいいハヌマーンと、ハヌマンラングール

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! またまた前回から期間が空いてしまいました…反省。 ごめんなさい… (と言っているわけではありませんが more >>

2017.11.11

Vol.61 1か月が経ちました

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

最近は仕事を終えて帰るころにはすっかり暗くなり、めっきり日脚が短くなってきました。冬が駆け足で近づいているのを感じます。 [caption more >>

2017.11.7

Vol.16 手作りのリング

八木山動物公園・阿部副園長の「ガンガンいこうぜシジュウカラガン」

こんにちは。 皆様いかがお過ごしでしょうか。宮城の秋はあっという間で、早くも冬の気配がしています。今年度のガン類の渡来シーズンも始まり、宮 more >>

2017.11.4

Vol.4 突如現れたウミウシ2種

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

 朝、いつものようにウミウシの水槽を見ていると、見慣れないウミウシが目に飛び込んできました。 [caption id="attachm more >>

2017.11.2

Vol.8 オオカミのお引っ越し

佐藤和加子の「北の大地、オオカミの森から」

こんにちは! 旭川は初雪が降り、先日は一面真っ白になるくらい雪がたくさん降りました。 いまはすっかり雪はなくなりましたが、天気予報にはま more >>

2017.10.31

Vol.38 陸上最大のどうぶつ

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

今回は、金沢動物園で実施しているオスゾウのトレーニングやケアについて紹介します。 金沢動物園では、オスのボンに対しては、柵越し more >>

2017.10.30

Vol.1 クリスマス島にクロミミオオコウモリを見に行く(その1)

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 バードウォッチングではなくてバットウォッチング。世の中には野鳥観察を趣味としている人もいるのだから、コウモリを観察して楽しむ人がいたってい more >>

2017.10.29

Vol.21 深海担当の孤独

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 耐震工事休館中でもスタッフが飼育業務をしてますよと前回書きましたが、漁師さんたちから生物もやってきます。寒くなってきたので少しずつ深海生物 more >>

2017.10.28

Vol.22 猛烈に記憶あるニオイ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

前回に続き、オオグソクムシのネタです。 以前までゲテモノ生物の調理試食は自宅でヒッソリコソコソとブツブツつぶやきながら行っていましたが more >>

2017.10.26

どうぶつのくにVol.104 特集:北京海洋館 “水中のジャイアントパンダ” カラチョウザメ

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくにVol.104 特集:北京海洋館 “水中のジャイアントパンダ” カラチョウザメ more >>

2017.10.25

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。