日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.102 特集:サンシャイン水族館 摩天楼と伽藍鳥
  • 第3期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定30名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

Vol.50 フグの可愛さの秘密~part2:体型~ 

下関・海響館の「続・”美人”ふく通信」

前回は「目」でしたが、今回は「体型」に注目してフグの可愛さの秘密に迫っていきます! まず、丸っこい体型をしたモヨウフグの仲間を見てみると、 more >>

2017.6.15

Vol.56 オトナへの階段

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

福岡は梅雨入り発表後、なかなか雨が降らず天気が良く爽やかな日が続いています。色とりどりの花を咲かせる紫陽花がとてもきれいで癒されます。四季の more >>

2017.6.14

Vol.51 「サポーターに感謝、感謝」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

みなさん、お久しぶりです m(_ _)m さすがにもうこのくだりも飽き飽きでしょうから、さらっと本題へ行きましょう、行きましょう。 more >>

2017.6.12

Vol.8 この世界の片隅で ~郷土の魚シナイモツゴ~

うみの杜から、いのちを考える

 ゴールデンウィークの喧騒が過ぎ、一雨ごとに気温が上がり、緑が濃くなり、この仙台もすっかり初夏の陽気です。この時期は多くの生きものたちにとっ more >>

2017.6.11

Vol.72 世界の片隅で。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 何か考えがあったわけではないが、斜陽が強く差す森へ、フラリと出かけた。 静まる暗い森へ、樹々の重なり合いからはうるさく逆光が差し込み、光 more >>

2017.6.9

Vol.49 カブトヘンゲクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

   九十九島周辺では約10年間の調査で2個体しか確認できておらず、2個体とも小型の未成熟個体でした。チョウクラゲの more >>

2017.6.8

Vol.13 春の回顧

写真家・川口誠の「国境の島に生きる」~Wildlife of Tsushima~

 対馬は渡り鳥の中継地として主に春と秋にほかの地域ではなかなか観察することが難しい種類の野鳥が羽を休めに降りてくることがありますが、今春出会 more >>

2017.6.7

Vol.16 オオグソクムシはご飯の好き嫌いがあるのか?

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 オオグソクムシといえば色々なものを食べて分解してくれる深海の掃除屋さんとしての役割をもっていると知っている方も多いと思います。水族館では何 more >>

2017.6.6

Vol.1 “ありえない動物”ハオリムシのいる日常

ドクトル・ヤマキの「ハオリムシのいる日常」

 動いて、エサを食べて、うんちをして…。“動物”といったら、そんな姿を思い浮かべるのではないでしょうか?  ところが、そんなイメージとはま more >>

2017.6.5

Vol.1 鹿児島を代表するウミウシ「コノハミドリガイ」

薩摩ウミウシ博士・西田和紀の“Sea slug collection”

こんにちは! かごしま水族館からはウミウシのお話をお伝えしてまいります。 初回はこちら。 コノハミドリガイですね。 言わ more >>

2017.6.4

Vol.17 ヒメセンジュエビ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

ヒメセンジュエビという生き物を知っているでしょうか。 いかにも深海生物という姿の深海性のエビで生息水深も150m~500m位で more >>

2017.5.27

Vol.39 ツメナシカワウソの赤ちゃんがまたまた誕生しました!

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

伊勢シーパラダイスでは、2017年4月10日に当館で5回目となるツメナシカワウソの赤ちゃんが誕生しました。今回誕生したのは2頭の赤ちゃんで両 more >>

2017.5.26

どうぶつのくに Vol.99 特集:いおワールドかごしま水族館 ユニバーサルな水族館

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.99 特集:いおワールドかごしま水族館 ユニバーサルな水族館 more >>

2017.5.25

Vol.84 ボルネオの森と動物たち その3 大陸との共通性と違い

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

 動物植物を問わずさまざまな生物の分布を見てみると、海峡とか高い山脈を境に生物相ががらりと変わる場合があることに気づくでしょう。この生物相が more >>

2017.5.25

Vol.19 顔合わせ実施中

京都市動物園の「サバイディー!エレファンツ」

本連載の12回「同居に向けついに始動っっ!!!」でもお知らせしましたが、2014年にラオスからやってきた4頭の子ゾウたちは、以前から京都市動 more >>

2017.5.23

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。