日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.111 特集:ニュージーランドの鳥たち キガシラペンギンに会いたくて
  • 第4期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定100名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

Vol.24 SSH その2

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! またもやコラムをさぼってしまいました… ハヌマンラングールたちの冬の姿をお伝えするつもりが、いつの間にやら寒さはや more >>

2018.4.11

Vol.55 「さあ新年度!」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

いかーん、気付いたらもう新年度が始まってましたー。みなさんお久しぶりです、もうダラダラと言い訳はしませんので、とりあえず2018年年明け more >>

2018.4.10

Vol.66 リロの誕生日

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

ついこないだまで、桜の花が咲くことを心待ちに過ごしていたのに、ここ数日であっという間に開花し、今を盛りとばかりに咲き誇っています。 まさに more >>

2018.4.9

Vol.9 樹液を吸うウミウシ

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

ウミウシの中には嚢(のう)舌(ぜつ)類というグループがあります。 巻貝のなかまは歯(し)舌(ぜつ)と呼ばれる歯を持っていますが、本グループ more >>

2018.4.8

Vol.8 トキの破卵対策

野田英樹の「トキ、時々、カメ」

産卵直後の卵が捨てられる  いしかわ方式の導入で、自然孵化個体を増やすことができてきたのですが、ここにきて新たな問題がでてきました。そ more >>

2018.4.7

Vol.58 コオビクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に出現します。毎年、少数は確認できますが、大量に出現することはありません。     体は細 more >>

2018.4.6

Vol.27 あれから、早〇〇年

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

ゲテモノ食い・グルメハンターを始めて何年がたつのでしょう。最初は、当時の先輩上司から「食べてみろ」の一言から始まりました。一番下っ端の私はイ more >>

2018.4.5

Vol.41 日本にはこの4羽だけ

国見知里の「続・ふれあい天国」

こんにちは(*^^*) 雪が降っていたかと思ったら気温が20度を超えたりと最近は寒暖差がかなりあり、三寒四温とはよく言ったものだな~としみ more >>

2018.4.4

Vol.3 アフリカのコウノトリ、アフリカトキコウの繁殖と成長

土井晃の「Nature, Environment & Oasis」

こんにちは、前回紹介したアフリカのコウノトリ、アフリカトキコウの繁殖と成長についてお話させてもらいます。 アフリカトキコウの繁殖は年が more >>

2018.4.3

Vol.4 懐古園の春です

小諸のお城のアイドル“さくら”

 みなさん、こんにちは。 全国各地から、桜の開花の便りが届いていますね。 小諸の懐古園では、桜の開花もまもなく始まりそうで つぼみも、 more >>

2018.4.1

Vol.47 ゴマフアザラシたちは恋の季節です

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

伊勢シーパラダイスは現在ゴマフアザラシの恋の季節を迎えます。 今年はゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれなかった伊勢シーパラダイス。来年の今頃 more >>

2018.3.27

Vol.26 一子相伝!!

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 タイトルには一子相伝と書いていますが、別に仰々しい訳でもなくただ単に本格的に深海生物担当を次の世代にバトンタッチできるように色々と覚えても more >>

2018.3.26

どうぶつのくに Vol.109 特集:タリン動物園 リンクスの眼が見通すもの

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.109 特集:タリン動物園 リンクスの眼が見通すもの more >>

2018.3.25

Vol.94 ボルネオ島の昆虫類

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

灯火に集まる虫がたくさんいる  2002年、私はクロッカー山脈の公園本部にある職員宿舎で7ヶ月間くらしました。周囲は1度伐採された森がほと more >>

2018.3.25

Vol.43 やる気のあるサル(ひと)、ないテナガザル(ひと)

ドクター・田中正之の「Edutainment in Kyoto Zoo」

京都市動物園のサル舎、テナガザルとマンドリルの前にタッチモニターを置いて、「サルのお勉強」を始めてから10年がたとうとしています。 more >>

2018.3.23

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。