日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.78 ツノクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では毎年、冬から春に出現します。ほぼ毎年確認できますが、年によっては大量に出現することもあります。全長が20cm程度の大型のク more >>

2019.12.4

Vol.45 発電魚

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 深海生物のシーズンになるとやってくる生き物の中にシビレエイがいます。シビレエイは水深50~150mの、深海魚とは言うにはやや浅い水深に棲ん more >>

2019.12.2

Vol.28 セスジスミゾメミノウミウシの謎

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

先月からの1か月で5度近くも水温が下がった鹿児島。 海の中の賑やかさも少し落ち着いて、魚も少なくなってきました。 しかしウミウシたち more >>

2019.11.29

Vol.60 カリフォルニアアシカの赤ちゃんのその後

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

2019.6.28に仮死状態で生まれ、その後心臓マッサージと人工呼吸で奇跡的に息を吹き返したアシカの赤ちゃん。 [caption id more >>

2019.11.28

Vol.47 ウチワフグ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

いつかは生きた個体を展示したい。 数年に1度くらい、生きて搬入はするのですが、やはり厳しい。竹島水族館の深海水槽で泳いでいる姿を見るのが夢 more >>

2019.11.27

Vol.29 水禽池 冬の風物詩

八木山動物公園の「ガンガンいこうぜシジュウカラガン」

 寒くなり渡り鳥がたくさんやってくる季節になりましたね。今年、宮城県には9月からガン、カモ、ハクチョウなどの渡り鳥が飛来して、11月からは園 more >>

2019.11.26

どうぶつのくに Vol.129 特集:いおワールドかごしま水族館 “海の宝石” ウミウシのふしぎ

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.129 特集:いおワールドかごしま水族館 “海の宝石” ウミウシのふしぎ more >>

2019.11.25

Vol.48 若い子には負けません

大阪/五月山のウォンバットWANTED

朝の冷え込みがどんどんと増し、ワインも放飼場の扉を開放してすぐは起きるのが億劫な様子ですが、この日は放飼場の草を食べながらぐるぐる歩き回った more >>

2019.11.23

Vol.62 快眠の秋

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

秋が深まりつつある今日この頃、行楽には良い季節になりました。 過ごしやすいこの季節は、動物たちも快適なようです。 おじいさん more >>

2019.11.22

Vol.7 トラの赤ちゃん名前決定!

しろとりの翼

9月17日に誕生したベンガルトラの赤ちゃんの名前が決定しました! 男の子で名前は「リク」です。 ミルクをたくさん飲んでスクス more >>

2019.11.21

Vol.101 凪の日。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

久しぶりにアマモ場へ潜った。 知床周辺の海域は秋が深まるにつれ北風が強くなり、海は荒れ、鉛色の雲が空を覆う。こんな穏やかな天気は珍しい。 more >>

2019.11.20

募集

『どうぶつのくに』編集部からのお知らせ

『どうぶつのくに』ではグラフィックデザイナー、ウェブデザイナーの募集をします。弊誌は、「どうぶつ」をキーワードとして様々なグラフィックデザイ more >>

2019.11.16

Vol.26 タイプーケット2  世界にコウモリは何種類?

大沢ご夫妻による「Not Bird Watching But Bat Watching」

 2019年の国際コウモリ研究会議は、7月29日から本格的に始まった。  朝の基調講演以外は、3部屋か4部屋に分かれて口頭発表が同時進行で more >>

2019.11.16

Vol.2『ハクの成長を振り返る』

怠けずナマケモノ。~高知・のいちのナマケモノの日々~

南国高知もとうとう寒くなってきました。高知の秋はあっという間に過ぎ去りそうです。 前回ナマケモノの展示場の素通り率が高くて悲しいという話を more >>

2019.11.11

Vol.27 イボヤギミノウミウシの体色変化

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

ミノウミウシの仲間は種々の刺胞動物を専門に食べてくらします。 ヒドロ虫食・イソギンチャク食・八放サンゴ(ソフトコーラル)食などが代表的です more >>

2019.11.10

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。