日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.90 特集:富士サファリパーク アメリカクロクマ三つ子きょうだい
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

main

京の水辺のいきものたち(番外編)Vol.20 ~キタオウシュウサンショウウオ~

写真家・関慎太郎による「ライフ・オブ・アンフィビアン」

キタオウシュウサンショウウオの正面顔  キタオウシュウサンショウウオは、名前から判断すると「北欧州」にすむ外国のサンショ more >>

2016.8.26

main

Vol.75 チャガシラガビチョウ

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

 ガビチョウの仲間はチメドリ科の鳥です。チメドリの仲間はスズメやメジロくらいの小鳥がほとんどですが、ガビチョウの仲間は全長22から25センチ more >>

2016.8.25

main

どうぶつのくに Vol.90 特集:富士サファリパーク アメリカクロクマ三つ子きょうだい

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.90 特集 富士サファリパーク アメリカクロクマ三つ子きょうだい more >>

2016.8.25

main

Vol.28 今年2頭目 オオツノヒツジの赤ちゃん 誕生!

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

平成28年7月26日(火)午前1時6分に、オオツノヒツジの赤ちゃんが誕生しました。メスです。 赤ちゃんは生まれて40分くらいで立ち上がり、 more >>

2016.8.20

main

Vol.45 「今回だけはクマに会いたくない」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

 さて、今回はいつもと趣向を変えてフィールドレポートをお届けしたいと思います。とは言えそう簡単に現地に行けるはずはなく、四国の高知にある三嶺 more >>

2016.8.19

main

京の水辺のいきものたち(番外編)Vol.19 ~ソボサンショウウオ~

写真家・関慎太郎による「ライフ・オブ・アンフィビアン」

ソボサンショウウオの正面顔  ソボサンショウウオは、これまで大分県、宮崎県、熊本県で確認されています。おもな生息地は名前 more >>

2016.8.18

main

Vol.13 暑い日々が続き

大阪/五月山のウォンバットWANTED

暑い日が続きウォンバットたちも少しバテ気味です。 日中はほとんどそれぞれの巣穴に籠っていることが多いです。 老齢のワイン・ワンダーたちは more >>

2016.8.17

main

Vol.11 かぞく その1

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! この夏、山口県の天気は晴れ、晴れ、晴れ、、、、もうかれこれ1か月も晴れが続き、エンドレスな猛暑にへとへとです。 動 more >>

2016.8.16

main

Vol.16 夏美ブンニュンお誕生会とその後の美都ちゃんのお話

京都市動物園の「サバイディー!エレファンツ」

暑すぎる夏なので、少し涼しい話題をお届けします。 *** 7月3日(日)、6歳になった夏美ブンニュンのお誕生会を開催しました!! プレゼント more >>

2016.8.15

main

Vol.40 ドクサバフグにご用心

下関・海響館の「続・”美人”ふく通信」

みなさんこんにちは。暑い日が続きますが皆さん夏バテしていないですか? 前回に引き続き、今回も夏に涼しいこわ~いお話をしたいと思います。 more >>

2016.8.14

main

Vol.46 ラッコライブとラッコの食欲

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

 「今日も猛暑日になりそうです。」天気予報でこのフレーズを聞かない日はないほど、本当に毎日暑い日が続いています。  大人気のイルカショーは more >>

2016.8.12

main

Vol.6 オオグソクムシは何を食べる?

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 前回は深海生物が水族館で何を食べているかというお話を書きましたが、今回はオオグソクムシが水族館で何を食べているかというお話です。  恐ら more >>

2016.8.11

main

身近な自然で暮らす動物たち

星野直子×『どうぶつのくに』 スペシャル連載「星野道夫とどうぶつたち」

 アラスカの家で過ごしていると、私たちの生活のすぐそばで暮らしている動物たちとの出会いがあります。一番よく出会うのはリスで、トウヒの木の実を more >>

2016.8.10

main

Vol.39 オオタマウミヒドラ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に出現しますが、一度に多数を確認したことはありません。傘高は成長しても数㎜程度の小型の種類で、傘縁には4本の触手があり、 more >>

2016.8.9

main

Vol.62 森と光、響き合う色彩。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

 知床は7月中旬になっても気温が低く「涼しくていいなぁ」なんて呑気にしていたのですが、急激に気温が上がり、暑い日々を過ごしています。 しか more >>

2016.8.8

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。