日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくにVol.100 『どうぶつのくに』100号記念特別号 特集:小宮輝之 「ミスター・ 動物園」
  • 第3期どうぶつのくにメンバーズ募集します!(限定30名)
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

Vol.9 おもちゃのちゃちゃちゃ

うみの杜から、いのちを考える

みなさん、こんにちは☆ 今日は仙台うみの杜水族館オリジナル【イルカたちのおもちゃ】について紹介したいと思います。 当館でくらすイルカ more >>

2017.7.19

Vol.51 フグの可愛さの秘密~part3:動き~ 

下関・海響館の「続・”美人”ふく通信」

 part1にて「目」、part2にて「体型」に注目してきましたが、part3では「動き」に注目して可愛さの秘密を見ていきたいと思います! more >>

2017.7.18

Vol.19 担当替え

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! なんやかんやと自分に理由をつけて、3か月コラムをさぼってしまいました… お久しぶりです!すっかりお忘れの方も多いか more >>

2017.7.17

Vol.22 ご機嫌ワインくん

大阪/五月山のウォンバットWANTED

夏の陽射しが日増しに強くなり、晴れた日は3頭とも部屋にこもりぐったりと寝ていることが多く、飼育員を心配させます。この日は曇り空で風が強いこと more >>

2017.7.16

Vol.57 どうぶつ達から習うこと

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

福岡では梅雨明け前の不安定な天気が続いています。連日、九州北部の記録的な豪雨の被害が報じられていますが、朝倉はわたしも何度が訪れたことのある more >>

2017.7.15

Vol.33 ペンギン通(ツウ)への道 その6

ペンギン界の若大将、森本大介のペンギン村議事録

皆さんは友達や家族の人と話す時、相手の気持ちが何となくわかると思います。嬉しい時に笑顔になったり、怒った時には怖い顔になったり、表情から気持 more >>

2017.7.13

Vol.36 おめでとう!!そして、ありがとう

国見知里の「続・ふれあい天国」

20周年オープンしてからあっという間に夏がやってきました!! 前回のコラムで紹介させてもらった新施設「熱帯の森」もお陰様で沢山のお客様で賑 more >>

2017.7.12

Vol.73 あめあめふれふれ。

写真家八木直哉×『どうぶつのくに』による「世界遺産 知床と北海道のどうぶつたち」

知床へ外からやってくる大部分の方々は、その日が雨である事を嘆き、僕もまた出会う人に「生憎の雨ですが‥」と、つい気を使って余計な事を言ってしま more >>

2017.7.10

Vol.4 トキの人工育雛

野田英樹の「トキ、時々、カメ」

次々と生まれるヒナを育てる  トキの人工孵化は転卵や放冷さえしっかり行ない、フランキの設定を誤らなければさほど手のかかるものではありま more >>

2017.7.8

Vol.50 カミクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

   九十九島周辺では毎年、早春に出現します。成長すると傘高が10cm程度になりますが、九十九島周辺では小型個体が多く出現し more >>

2017.7.6

Vol.18 ハチビキ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

 この、どうぶつのくにの原稿を書く時、過去に食べてきたことを復習するように思い返しながら書き、いつも、よくこんなものを、これほど食べたものだ more >>

2017.7.5

Vol.17 「どうぶつのくに」100号おめでとうございます

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 「どうぶつのくに」が遂に創刊から100号を迎えました。本当におめでとうございます。すっかり原稿を出すのを忘れてましたが、本当におめでとうご more >>

2017.7.3

Vol.41 国際エンリッチメント会議に行ってきましたよ

ドクター・田中正之の「Edutainment in Kyoto Zoo」

2017年5月15日から19日までの5日間、コロンビアの首都ボゴタ市にある、ハイメ・デュケ公園(Parque JaimeDuque)で開催さ more >>

2017.6.30

Vol.40 2017年4月10日生まれのツメナシカワウソ赤ちゃん 続き

伊勢の海獣使い・田村龍太による「最後のゾウアザラシ」

前回にツメナシカワウソの赤ちゃん誕生と人工保育までの経緯を書きましたが、その後の様子はどうなったでしょうか? [caption id= more >>

2017.6.27

Vol.46 ホタル舞うけもの道

写真家森勝彦×『どうぶつのくに』による「SATOYAMA・JAPAN」

梅雨の季節はホタルの季節でもあり、普段は人気のない里山であってもホタルの生息地ともなれば真っ暗闇の中に多くの人が賑わっていたりして、まるで町 more >>

2017.6.26

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。