日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • どうぶつのくに Vol.88 特集 正田陽一 「動物園・水族館とボランティア」 特別付録 正田陽一のボルネオ・カリマンタン旅行記
  • どうぶつのくに書籍化
  • LOST ZOO
  • どうぶつえんとすいぞくかん
  • KIDZOO

main

Vol.26 10月生まれのアラビアオリックスのその後

原園長と飼育係たちによる「よこはまの草食獣たち」

10月に生まれた赤ちゃんアラビアオリックスのヘルム(オス)です。 最近、生活する場所を徐々に変更しています。 オリックス舎の一番奥、展示 more >>

2016.6.27

main

Vol.16 実況?!クチヒロカイマンの産卵の巻

熱川バナナワニ園の「クロコダイル・ダンディーズ」

こんにちは!本格的な梅雨のシーズン、せっかく出かけたのに、雨、雨、雨…そんな時は、傘も必要ですが、温室もあるワニ園に、雨宿り気分でどうぞ。 more >>

2016.6.26

main

どうぶつのくに Vol.88 特集 正田陽一 「動物園・水族館とボランティア」 特別付録 正田陽一のボルネオ・カリマンタン旅行記

『どうぶつのくに』バックナンバー

どうぶつのくに Vol.88 特集 正田陽一「動物園・水族館とボランティア」 特別付録 正田陽一のボルネオ・カリマンタン旅行記 more >>

2016.6.25

main

Vol.73 ミカドバト

ボルネオ博士/安間先生の「熱帯雨林のどうぶつたち」

 ハト類は、分類上ハト科に属する鳥類の総称です。鳥類のなかでも種類が多いことで知られ、極地地方や高山帯を除いて、300種近くが世界各地に分布 more >>

2016.6.25

main

Vol.30 知れば知るほど好きになる!

国見知里の「続・ふれあい天国」

こんにちは!! 春がきたーーーーと思ったらなんだかあっという間に暑くなってきましたね・・・ 王国も緑いっぱい、草ぼーぼー、(毎日施設課の more >>

2016.6.23

main

Vol.4 カスミサンショウウオ

アクアトト・アンフィビアンズ

カスミサンショウウオ。 私が小型サンショウウオにどハマりするきっかけになった種です。 西日本に広く分布している本種ですが、岐阜県 more >>

2016.6.22

main

Vol.7 アジア館の神様

日本モンキーセンターの「Keeper’s room」

皆さま、初めまして。 アジア館のサルを担当しております、菊田と申します。 今回はアジア館のハヌマンラングールをご紹介いたします。 日本 more >>

2016.6.21

main

Vol.4 未知なる野生マンドリルのくらし Part2

日本モンキーセンターの「Curator’s room」

マンドリルシリーズのコラム4回目は、野生のマンドリルについての続編です。  前回お知らせした野生マンドリル研究者を招いての「京大モンキ more >>

2016.6.20

main

Vol.44 マナに流れるマリンの血

マリンワールドのアイドル/ラッコBaby子育て奮闘中!

 6月に入り、九州も梅雨入りをしました。また、季節が移り変わりますね。  さて、今回はマナちゃんのお話をしましょう。  当館では毎週 more >>

2016.6.19

main

Vol.43 「人気者あつマレー!特別編・いよいよ海外へ 」

土佐は高知のマレーグマ大使  のいち/本田学芸員のマレーに首ったけ

 やりました-(^^)/ 2015年度のMVPを受賞しました!本当にみなさんのおかげです。「読者からの反響/問い合わせ件数」も重要とのことな more >>

2016.6.18

main

Vol.5 エビスダイ

蒲郡発、深海のグルメハンター料理手帖

水深100mより以浅に生息しているというエビスダイ。 大きさは約40cmになり、体色も赤く、体格も良い、水槽内の中層付近の目立 more >>

2016.6.17

main

Vol.9 癖

川出比香里の「Mother of 3 Monkeys」

みなさんこんにちは! さて、2か月振りにハヌマンラングールの話題です! 子どもの成長というのは本当に早いもので、コラムに登場していない2 more >>

2016.6.16

main

Vol.5 閑話休題 深海生物はどこにいる?

オールマイティ副館長、戸舘真人のオオグソクムシ研究記

 すみません、ただいま作業に追われ原稿に追われ遂に追い詰められましたので難しい話ではなく、深海生物の簡単なお話をしたいと思います。  深海 more >>

2016.6.15

main

Vol.6 23年ぶり!ワタボウシファミリー

日本モンキーセンターの「Keeper’s room」

南米のサルを担当しています根本慧です。 今回ご紹介するのはワタボウシパンシェです。 ワタボウシパンシェは南米に生息する小型のサルで、 more >>

2016.6.14

main

Vol.37 エボシクラゲ

九十九島のクラゲ博士/秋山仁による「Jewelry Jellies」

 九十九島周辺では春に出現する小型のクラゲです。傘高は10㎜程度で傘縁には16本程度の触手がありますが、最大32本にもなるそうです。その触手 more >>

2016.6.13

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。