日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

  • HOME
  • 西田 和記

西田 和記

Vol.39 無腸動物をえさに

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

無腸動物という超がつきそうなほどマイナーな生き物がいます。 ひらべったい体をした体長数㎜の小さな生き物で、その姿から以前はヒラムシの仲間に more >>

2020.10.17

Vol.38 フレリトゲアメフラシのフレリとは?

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

フレリトゲアメフラシというアメフラシの仲間がいます。 内湾性の砂泥底に生息し、鹿児島では夏になるとたくさん見られます。 港の more >>

2020.9.19

Vol.37 ミルを見る!

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

ミルという緑色の海藻があります。 漢字では海松と書き、古くは食用にされたこともあるということをご存知の方もいるかもしれません。独特の香りが more >>

2020.8.31

Vol.36 濁る海で

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

自粛モードが少しずつ明け、私も長らく中止しておりましたウミウシ相調査を条件付きで再開し、先日、ようやく海で潜る機会を得ました。 ウミウ more >>

2020.8.1

Vol.35 大きな海の小さなウミウシ

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

ウミウシは概して小さな生き物ですが、その中でもとくに小さなものは1cmに満たずとも成熟してしまいます。 小さければエネルギー効率がよく more >>

2020.6.27

Vol.34 万能なメリベ様

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

寒天質の体に、ふわっと香るスイカ臭。 なんとも清涼感のあるウミウシが今回の主役。 世の中には変わった生き物も案外多くいるものですが、メリベウ more >>

2020.5.24

Vol.33 センジュミノウミウシの大発生

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

怖い思いをしながらの生活が続いていますね。 かごしま水族館も今月11日から休館となりました。 毎月プライベートで行っていた潜水調査も、悩 more >>

2020.4.19

Vol.32 水族館の取水管からくるウミウシ

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

先日、『International Jellyfish Conference(IJC:国際クラゲ・深海生物会議)』にてウミウシの発表をさせて more >>

2020.3.15

Vol.31ハート模様のウミウシを探して

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

毎年この時期になるとバレンタイン企画と称してハートにちなんだ生き物展示や生き物たちの恋模様などと題した展示があちこちで行われています。 more >>

2020.2.10

Vol.30 深海のウミウシ

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

近年、あちこちの水族館で深海生物が展示されるようになってきましたが、ウミウシの深海種、というのはまず見たことのない方がほとんどかと思います。 more >>

2020.1.26

Vol.29 飼育に成功したウミウシたち

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

みなさま、どうぶつのくに本誌vol.129ウミウシ特集ご覧いただきまして誠にありがとうございます。読んでいただいた方に恥ずかしくないような展 more >>

2019.12.15

Vol.28 セスジスミゾメミノウミウシの謎

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

先月からの1か月で5度近くも水温が下がった鹿児島。 海の中の賑やかさも少し落ち着いて、魚も少なくなってきました。 しかしウミウシたち more >>

2019.11.29

Vol.27 イボヤギミノウミウシの体色変化

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

ミノウミウシの仲間は種々の刺胞動物を専門に食べてくらします。 ヒドロ虫食・イソギンチャク食・八放サンゴ(ソフトコーラル)食などが代表的です more >>

2019.11.10

Vol.26キイロウミウシの飼育

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

ウミウシの名前はその体色を単純に表して名前にされているものも多く見られます。 日本人による日本産ウミウシ研究の初期(1890年代)には青ウ more >>

2019.9.30

Vol.25 渚の露

薩摩ウミウシ博士・西田和記の“Sea slug collection”

鹿児島では今期の梅雨はけっこうな量の雨が降り、海中にも少なからず影響がありました。梅雨の後半に行った潜水調査では、海中の濁りが大変ひどく、視 more >>

2019.8.29

カテゴリー

カテゴリー一覧

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。