日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.58 土の入換え

2020.11.20

当園で飼育しているウォンバットの舎内は、ウォンバット達が自分で巣穴を掘れるように各部屋ごと土で埋め立てられた造りになっています。ですが、毎日の掃除やウォンバット達が掘り起こした土を外に放り出したりなどして、月日が経つにつれて土が無くなっていきます。また、古い土のままだと衛生面でも良くないため、舎内の土は定期的に入れ換えを行っています。古い土を全部取り出して、新しい土を入れていくのは重労働でしたが「ワインは高齢だから出来るだけ平らに均して固めよう」、「フクやコウは小山を造って縦の動きも出そう」など飼育員で話し合いながらの作業でしたので、しんどいながらも楽しいものでした。ウォンバット達も新しい土を掘って各々が巣穴造りを頑張っていました。ユキが掘っているところをワインと並んで眺めていると、邪魔だったようで後ろ足で大量の土をかけられました。ワインの顔面と飼育員のズボンは土まみれにされ、二人でそそくさと退散しました。

ワイン舎内 土入れ前

ワイン舎内 土入れ後

フク舎内

ユキ舎内

コウ舎内 小山のベッドで就寝中

著者プロフィール

遠藤 太貴(えんどう・たいき)

1988年2月21日生まれ、2007年五月山動物園採用
現在、ウォンバットと羊を担当

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。