日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.4 草食男子、大集合!

2013.6.9

みなさん、こんにちは。
今年になってから3種類の草食動物が、当園へおむこさんとしてやってきてくれました。

1頭目はこちら、シバヤギのピーナツ君です。
(名前の由来は体が小さいことと千葉県から来たことです)

来園当初は、メスたちに積極的にアプローチしてくれていたのですが、体の大きな当園のメスたちにじゃけんにされ、最近ではすっかり溶け込んで空気のような存在になっています・・。
メスたちの発情もいまひとつで、教科書的には年中とはいいながらやっぱり秋まで待たないとだめか、と、ピーナツ君の草食系男子っぷりを横目でみていたのです。
ところが・・!最近になって2頭のメスのおっぱいが張り、お腹も膨らんできたでのです。近日中にエコー検査の予定なのですが、その結果によってはピーナツ君が実は肉食系男子だったことが判明します。今からとっても楽しみです。

2頭目は、こちらのベネットアカクビワラビーのターボです。

とてもやさしい顔をしたイケメン君(人間目線)です。
8月で1才になる若いワラビーで、当園のメス2頭のおむこさんです。
検疫終了後の初顔合わせの日、さっそくお嫁さん1のナズナにしつこく追いかけまわされていました。半日ほどで良い距離間をつかめたようですが、この先オスらしく成長してくれることに期待しています。

3頭目は、アフリカタテガミヤマアラシのアカギです。

こちらも若いオスで、5月に東武動物公園からやってきました。
当園のメスとは、オリ越しにお見合い中だったのですが、オリ越しにメスにアプローチをしたところ指先をメスにかまれてしまいました。これは獣医である私をはじめ人間側の注意不足であり、ケガをさせてしまったアカギ君にかわいそうなことをさせてしまいとても反省しています。まもなくお見合いを再開する予定なのですが、ここは注意深く2頭を見守りたいと思います。

いずれの3頭も気持ちは肉食系であってほしいと、切に願っています。
皆様にも温かく見守っていただければ幸いです!

著者プロフィール

秋山多江(あきやま・たえ)

1977年山梨県甲府市生まれ
2001年酪農学園大学獣医学科卒業
小学2年生のときに、地元甲府市遊亀公園附属動物園でライオンの飼育係になることを夢見て十何年。小動物病院勤務、埼玉県こども動物自然公園へ勤務させていただいたのち、2010年に採用され現在に至ります。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。