日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.1 オオアリクイ出産

2013.6.26

On May 25 a female Giant Anteater with a weight of 1570 gram is born in the Zoo Berlin. Her mother is the 17 years old female “Griseline” and this baby is already her 5th baby. The little she was named “Evita”, because “E” is also the 5th letter in the alphabet.

Because the last time “Griseline” had not enough milk to raise her youngsters, the animal keeper decided to give “Evita” 3 times a day additionally a milk bottle. This is a not so easy business because of the thin, long snout of anteaters. Besides the keeper has to be also a bit cautious because of the long, sharp nails of the anteater baby, which it will use later in her life to dig for her main food, ants and termites. Of course the keepers succeeded to give “Evita” additional to her mother’s milk some extra portions by the bottle and within 3 weeks “Evita’s” weight gains to 2,5kg. Now she is strong enough to ride on the mother’s back, as it is the normal behavior of anteater babies.

著者プロフィール

ユルゲン・ランゲ

1942年ドイツ、デッサウ生まれ。
ミュンスター、キールなどの大学で化学、生物学、海洋生物学、心理学を学ぶ。
キール大学で勤務した後、ステュットガルドの動植物園で水族館の飼育員としてキャリアをスタート。
1977年からベルリン動物園/水族館の改修に参画するようになり、88年に副園長、2000年から園長を務める。
2007年から退職して、動物園、水族館のコンサルティング企業azcを立ち上げ、日本では田井基文がパートナーを務める。写真は、お気に入りの珍獣ムカシトガゲ(トゥアタラ)とランゲ博士。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。