日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.10 旭山動物園号再現にご協力を!

2019.8.6

写真:旭山動物園号

 いよいよ夏本番ですね。天候も穏やかな日が多く、当たり前の大切さを日々感じています。今年は繁殖サイクルだったり、計画繁殖だったりの関係でアムールトラやレッサーパンダ、シマフクロウなどの繁殖はありません。ちょっと寂しい気もしますが中長期的な視点に立ち計画的に繁殖に取り組まなければいけません。そんな中でも「ととりの村」のカモ類たちは今年もたくさんの仔ガモたちで賑やかです。

 さて、もうお気づきの方もおられると思いますが、NPO法人旭山動物園くらぶさん主催で、『おかえり!旭山動物園号』さよならから一年半。旭山動物園に”走る絵本”の再現空間を というクラウドファンディングを行っています。一昨年に惜しまれつつ引退したJR旭山動物園号。車両そのものを残すことはできませんでしたが、旭山動物園号の「動物たちと共に過ごすわくわく感」を何らかの形で残したいと思い、引退直後にJRさんの好意により、ハグハグチェアなど一部パーツをいただいていました。動物園スタッフが苗穂までトラックで受け取りに行きました。実は今も動物園内の倉庫に眠っています。

 時間はかかりましたが、これならば!と言うアイデアがまとまりクラウドファンディングを行うこととなりました。旭山動物園号の内装外装をすべてデザインしたあべ弘士さんの全面協力をいただいています。

 きっとこの手紙が届く時点では目標金額を達成できていないと思います。皆さんの力で動物園の夢を叶えさせてください!

著者プロフィール

坂東 元 (ばんどう・げん)

1964年2月25日、旭川生まれ。
旭山動物園第9代園長。
84年酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業後、86年に獣医として旭山動物園に入園。
飼育展示係長を経て、2004年副園長となり、2009年から現職。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。