日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Elephant Family

2011.10.19

先月はビッグニュースが飛び込んできましたね。
2011年9月17日豊橋総合動植物公園にてアジアゾウのアーシャーが女の子を出産しました。
34歳のアーシャーは初産高齢出産もあり色々心配もありましたが無事に出産してくれました・・・ありがとう・・・そしてお疲れ様でした。
今回誕生した赤ちゃんはアーシャーの育児放棄により人工哺育となりましたが、スタッフの皆さんの愛情で無事に育っているようです。
人工哺育・・・ウチの媛ちゃんの事が昨日のことのように思い浮かびます。
赤ちゃんとスタッフの皆さんの頑張りを見守りたいですね。

こんにちはとべ動物園の椎名です。
「どうぶつのくに」10月号を見ていただけましたでしょうか?
この子たち・・・・この家族に逢いたくなりませんか?

今回より「どうぶつのくにnet」にて当園のElephant Familyの様子を中心としていろいろな話題提供をさせていただきたいと思います。

当園では現在4頭のアフリカゾウを飼育管理しています。
写真でもお分かりになるかとおもいますが、何気にフランクなゾウとの付き合いです・・・・あまりピリピリ感のない関係です(本当はあるんですよ)。

ゾウの飼育方法は様々で各園館の飼育環境や個体等により異なります。
一般には直接飼育・間接飼育そして準間接飼育の3つのカテゴリーに分類されますが、実際の管理方法の細分化は難しいところです。
現在当園において母子は直接飼育で管理しておりますが、成獣のオスに関しては準間接飼育にて飼育管理をしています。

このように当園の飼育個体においても飼育方法が異なったりもします。
これからそのようなお話も含め様々なエピソードを紹介させていただきます。

著者プロフィール

椎名修(しいな・おさむ)

1962年3月群馬県出身。
『ばくの動物園日記』に登場する西山登志男さんにあこがれる。
群馬県サファリパーク、姫路セントラルパークにてアフリカゾウの飼育を経験をへて愛媛県とべ動物園に勤務。
ソロモンの指環を求めて現在に至る。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。