日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.1 春の訪れ

2017.3.25

はじめまして!
旭山動物園の佐藤と申します。
今回から参加させていただくことになりました。
担当しているシンリンオオカミたちのことをお伝えしていきますので、よろしくお願いします。

 

 

いま旭山では8頭のオオカミを飼育していて、そのうち7頭が『オオカミの森』で暮らしています。
(1頭は非公開施設で飼育しています)

8頭は家族で、両親と、その間に生まれた子供たちです。
(子供といってももうみんな大人ですが…)
オオカミは家族で群れをつくって暮らす動物なので、旭山でも家族の群れで展示をしています。

 

 

さてさて。
日本最北の動物園、旭山動物園は四季の変化に富んだ動物園です。
旭川は盆地なので夏はそこそこ暑く、冬はけっこう寒くなります。
オオカミの森は屋根がない施設なので、冬は雪がたくさん積もります。真っ白な景色の中にいるオオカミたちはとってもかっこいいので必見です!!

 

 

といいつつ、季節は春ですね。
春は………毛が汚れる季節です。
雪解けとともに土がビチャビチャの場所が増え、そこを走るオオカミたちの毛はどうしても泥だらけに…。
せっかくのかっこよさも台無しです…。

 

 

最近は暖かい日が増えて、気持ちよさそうな顔をして日なたで寝ていることが多いです。
そんなオオカミたちの姿を見て、春の訪れを感じる担当者なのでした。

著者プロフィール

佐藤 和加子 (さとう・わかこ)

旭川市出身。
1999年4月、旭山動物園に配属。
こども牧場、インドクジャク・ホロホロチョウ、ダチョウの担当を経て、現在はシンリンオオカミと北海道産動物舎を担当。
ネコ2匹と暮らしている。(でも本当はイヌ派)

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。