日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.20 納涼イベント「スイカinプール」

2017.9.16

夏真っ盛り!
毎日うだるような暑さが続いていますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか??

日本より暑い地域に生息するアジアゾウでも、日本の真夏の暑さは体に堪えるようで、
頻繁にプールへ入って体を冷やしています。

今年は「ゾウさんおたべやす スイカinプール」と銘打って、子ゾウたちのいるプールにスイカを投入するイベントを実施しています!
7月から始まったこのイベント、子ゾウたちもすっかり慣れたもんで、スイカの箱を運んでくると呼ぶ前から我先にとプールに飛び込んできてスタンバイ!!
“早くちょうだいよ~っ!”と言わんばかりにみんなで鼻を伸ばして催促してきます(笑)

よ~く冷えた大きなスイカを転がすと、子ゾウたちはそれぞれのスイカを鼻で引き寄せ、豪快に口で割ってからスイカを食べます。

大きな音を立ててスイカが割れる様は迫力満点っ!
毎回来園者から歓声が上がります (*’▽’)わぁ~🎶

初めのうちは食べ方が下手で、スイカをボロボロとプールの中にこぼしていましたが、
最近ではコツをつかんで上手に食べられるようになってきましたっ(*>∀・)b

スイカをプールサイドに置いて、プールに浸かったまま食べる冬美トンクンと春美カムパート。

横取りされないよう、すぐさまプールからスイカを持って上がってグラウンドで食べる夏美ブンニュン。

少し残したスイカを器用に牙と鼻の間に挟み、お昼ごはんの乾草を食べながら、ちょいちょいスイカをつまむ秋都トンカム。

思い思いの食べ方でスイカを堪能しています♪

漂うスイカの甘い香りとプールではしゃぐゾウたちを見て、来園者の皆さんも涼を感じてくだされば幸いです。🎐(´ω`*)

写真を撮っていたら夏美ブンニュンがどや顔してきました(´∀`;)

「いいでしょ~スイカ♪」って言ってますね~(笑)

ちなみに! プールではありませんが、美都にも、もちろんちゃんとスイカがあります☆
そこそこお歳の美都にとって、この夏の暑さはキツ過ぎるので、気温が高い日は午後から寝室を開放して、出入り自由にしています。
寝室を開放する日は涼しい室内でスイカをあげているので、食べる様子はご覧になれませんが、美都の体調を考えてのことですのでご容赦ください(。-人-。)

著者プロフィール

黒田 恭子(くろだ・きょうこ)

大阪府出身、生粋の浪速っ娘。
日本大学生物資源科学部動物資源科学科卒業後、南紀白浜アドベンチャーワールドにあるAWS動物学院で動物飼育の基礎を学び、動物病院での動物看護士、横浜市立野毛山動物園での動物嘱託職員を経て、2013年より京都市動物園に勤務、アジアゾウ担当となる。
5頭の個性豊かなゾウたちに囲まれながら、ゾウ担当として一人前となるべく修行の日々を送る。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。