日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.8 助けられているのはわたし

2020.11.5

 先月も、ご報告いたしましたお父さんカンガルー「イッチ」の容体を今月もご報告いたします。やはり今も変わらず立位はとれません。体重も以前よりかなり減りました…。が!軽くなった体で自由を手に入れたかのように今は、新しい生活をおくっています。

 

 

 上手に動かない下半身を、動けないなりに上半身と一緒に上手に動かし、食事や寝返り、時には寝床で使用している専用マットから全身が出てしまうほど、移動ができるまでの頑張りをみせてくれています。

 

 

 下半身の回復が不可能なら動ける他の部位でおぎなって生活をするという素晴らしい生命力。誰に教わることなく「生きたい」「生きるんだ」という強い意思が「イッチ」の体も心も、更にたくましくし生活をしています。

 

 

 飼育担当の『私が「イッチ」を助けたい』とはじめは思って日々を過ごしていましたが…今はまったくの逆で!「不自由でも移動が可能な体の使い方」「今なお群れのリーダーとしての誇り」など、肉体面、精神面で見習うことばかりです!いつのまにか、私がこんなに元気や勇気をもらっていたなんて、すでに『私の方が助けてもらっている』しだいです。

 

 

 皆さまからも、もちろん日々応援や激励をいただいており、引き継き、獣医師・飼育員共に元気に頑張って治療とリハビリをおこなっていきたいと思います。
 このたくましく力強く生きているお父さん「イッチ」にぜひ!会いに来てください。もちろん相変わらず5頭の家族が仲良く生活している様子なども同時に楽しんでいただきたいです。

著者プロフィール

小林哲也 (こばやし・てつや)

1973年2月13日生まれ。長野県出身。
2004年から須坂市動物園にて勤務。
現在アカカンガルーや猛獣、霊長類を担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。