日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.6 新緑の動物園

2018.6.1

 みなさん、こんにちは。
新緑がまぶしく、時には太陽も夏のようにまぶしい日がありますね。
小諸市動物園では、桜に続いて咲く藤の花も一足早く咲き、ゴールデンウィーク
には満開となりました。

小諸市動物園では、ゴールデンウィークのイベントとして、ヤクシカたちがいるシカ谷で、「シカ谷散策」を開催し、シカとのふれあいやエサやり体験を行いました。
シカ谷とは、自然の谷の一部を区切ったところです。
小諸城のお堀は水堀ではなく、空堀で、南北に深い谷は、かつて小諸城の天然の要塞となっていました。
谷には、おおきなケヤキやフジの木があり、夏には、涼しい木陰を作ってくれます。
シカたちは、朝には朝日があたる高いところに、昼には、木陰で休み、時には壁の隙間で休み、思い思いのところで過ごしています。
普段は入ることのできないシカ谷ですが、シカ谷散策中には、こどもたちの楽しそうな声があふれていました。

 さて、さくらは最近の暑い日差しの中、早くも水遊びをしました。
水しぶきを体に受けて、大はしゃぎ。
今度は、たまった水を掘って掘って、大喜び。
全身、泥だらけになって
掘り続けます。
その楽しそうなこと。。。

これからどんどん暑くなるなか、【さくら】の家のまわりには、さくらが掘った穴がどんどん増えていくのです。

著者プロフィール

中津 久美子(なかつ・くみこ)

千葉県出身 1965年生まれ。
若いころには千葉市動物公園に非常勤で勤務。
現在、川上犬、ペンギン、ミニブタ担当。
小諸市動物園を盛り上げるべくみんなで奮闘中。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。