日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.15 紅葉がはじまりました

2019.11.7

朝晩、だいぶ冷え込みが厳しくなり、小諸も季節が
進み、紅葉の季節となりました。
例年よりは少し色づきが遅いですが、10月末で
このようにもみじが赤、黄、緑の3色がみられます。

 この紅葉の季節、最低気温が10℃を下まわり、
動物園では各動物たちの部屋は防寒対策をし始めます。
川上犬は寒さ厳しい川上村の地犬ですから、寒さにはめっぽう強いです。しかし、【さくら】はそんなに強く
はないのです。。。
 日中には、みんな暖かな陽の光をたっぷり浴びて
お昼寝をしている姿がよく見られます。










日向ぼっこするミシシッピアカミミガメは、
気持ちよくて脚がピーンとのびています。


ミニブタ親子は、同じ方向を向いてよく寝ています。
ムササビ【ここ】は巣箱の中で起きていました。夜行性のムササビですが、野生下でも
日中、時々起きることもあります。そして野生下でもこんな風に、無防備にお腹をだして
寝ていることもあるのです。

ムササビたちは、日没が早くなってきたので、早起きになってきました。
まだ明るい閉園前の時間でも少し早起きの 【むむ】と【ぴぴ】が巣箱から顔を出していることがあります。
今、ムササビたちは、旬のドングリとクリとカエデの種に夢中です。

11月にはいると、紅葉は徐々にきれいなグラデーションとなります。

☆昨年の様子

紅葉の懐古園、小諸市動物園にどうぞぜひいらしてください。

著者プロフィール

中津 久美子(なかつ・くみこ)

千葉県出身 1965年生まれ。
若いころには千葉市動物公園に非常勤で勤務。
現在、川上犬、ペンギン、ミニブタ担当。
小諸市動物園を盛り上げるべくみんなで奮闘中。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。