日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

『どうぶつのくに』×那須どうぶつ王国 読者限定1日館長体験レポート

2012.10.31

前日までの寒さと悪天候から打って変わってのこの上ない秋晴れ。編集部の誰の行いがよいからなのか、いつも『どうぶつのくに』イベントの日は好天に恵まれます。・・・いいえ、これもすべて動物園のみなさんと読者のみなさんのご支援の賜物でしょう。そんな日頃の行いがよく、今回も1500を超える応募を勝ち抜いた幸運の読者、塚本佳奈(つかもと・かな)さんが今日のヒロイン、一日園長です。今回は編集部と一緒に東京から那須へ旅していただきました。

開園と同時に、入場ゲートではアルパカとインコたちが塚本さんを迎えてくれる中、同園支配人から一日園長の就任式典が行われました。多くの一般のお客様に環視されながらも元気よく任命を受けた塚本園長は早速レッサーパンダに会いにいき、ジジとダイズ夫妻にリンゴをプレゼント。同園屈指の人気者とあって、その愛くるしさに塚本さんもいきなりテンションが上がりっぱなし。

レッサーたちと名残を惜しみながら、ワンニャンバスに乗り込み『どうぶつのくに』でもご紹介した猛禽たちの待つ王国ファームへ。そこで待っていてくれたのは、連載コラム「美女と猛禽」でもお馴染みの小野寺飼育係。特にフクロウがお気に入りという塚本さんのリクエストを聞いて、バックヤードに入れてくださり、希少なクロメンフクロウやダルマワシを間近で見せてくれました!更に猛禽コーナーでは、国内でも実に珍しいコンドルへの餌やり体験を塚本さんにお願いし、猛禽たちのその迫力と、美しさを、しっかり堪能していただきました。

その後ラクダのクララさんとたっぷり触れ合い、初体験のラクダライドを楽しんでいただいたあとは、「とても大好き、お気に入りになった」というアルパカのたけぞうくんとも触れ合っていただきました。こうしてその園のそれぞれの動物に親しみ、愛着を持つことで、新たな楽しみ方を知っていただけたようですね。

そしてお待ちかねのバードショー、もちろん先ほども登場の小野寺さんが活躍する姿に、塚本さんは熱いまなざしを送っておられましたが、ただ見ているだけで一日園長はつとまりません。お客様の前でしっかりとハリスホークを受け止める役目にも挑戦していただき、さすが一日園長!

午後からはこれまた連載コラム「ふれあい天国」でお馴染み、高井飼育係のアテンドで、今年オープンしたばかりのカピバラの森で徹底的にカピバラを堪能していただきました。なかなか直接触れることのできないオットセイたちともたっぷりとコミュニケーションしてもらったり、まだ公開前のミーアキャットの赤ちゃんをこっそり見せてもらったり、現在猛特訓中のインコたちのフライングショーの舞台裏を覗かせていただいたり・・・・いつのまにか、あっという間に閉園時間を迎えてしまいました。

那須の名物園長、佐藤哲也さんの『どうぶつのくに』書き下ろしコラム「いつでも感動」を読んでいたく感動し、今回の限定イベントへの応募を決めたという塚本さん。佐藤さんは生憎ご不在でしたが、素晴らしい那須高原の秋晴れの空の下、たくさんのどうぶつたちとふれあい、美味しい空気を吸ってリフレッシュできたと、ご満悦の表情で「是非また、たけぞうと佐藤園長に会いにきたい!」と語ってくれました。

小野寺さん高井さんをはじめ、飼育の皆さん、菅野さんほか事務方の皆さんのご協力に感謝!(田井基文)

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。