日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

『どうぶつのくに』流ハウステンボスの楽しみ方

2011.8.25

ハウステンボスをもっと楽しみたい読者のみなさんに、もう少し、場内の様子をお伝えしましょう。

まずは、女性なら誰もがうれしいスパ「The Life Spa RIN」。園内でも少し奥まった、フォレストヴィラの集落にほど近い場所に位置する白亜の建物がそれです。一歩足を踏み入れるとすぐに、絶妙なアロマの香りが暑さに疲れた神経をリラックスさせてくれます。丁寧な問診のあとに、お好みのオイルを使った施術(ハーフBODY トリートメント:45分9000円)を受け、終わった後は専用のリラクゼーションルームで何時までも寛いでいただけます。ランチとセットになったお得なメニュー(スパ&ランチ9500円:〜9/30迄)もあり、地元の上級ユーザーの皆さんには大人気だとか。

さて、次は、オリジナルの木靴を作れるという、「ホーランドハウス」へ行ってみました。無地の木靴にアクリル絵の具を使ってオランダ名物を作れるというハウステンボスならではの体験(木靴絵付体験:1260円)。編集部スタッフは、もちろん、そう、ミッフィーをデザインしてみました。勝手にデザインモチーフに使ってしまいましたが、どうぞ、お許しください、ブルーナさん!

体験ものをもうひとつ、アクセサリ店「カレイド」では、ベネチアングラスのアクセサリをこれまたオリジナルで作ることができるのです。編集部スタッフが体験したのは、ペンダントトップをつくるメニュー(1000円)。自分で好きなガラス玉をチョイスしながら、色とバランスを見つつ、全体のデザインを作っていきます。その後は、お店の方が熱を加えてしっかりとしあげてくださいます。納得いくものができたかな?

場内の運河をはしる「カナルクルーザー」で、ハウステンボスの名所のひとつ、ドムトールンの麓まで移動したら、塔の上から園内を一望!なんとあのサウザンド・サニー号も大村湾を就航中です。「ワンピース」ファンにはたまらないでしょうね。

そろそろ日も暮れ、園内に咲き誇る多くの花を眺めながら、ハウステンボスの新施設「5D MIRACLE TOUR」へ。上下左右と前面にある計156台の液晶モニターで、迫力満載の映像体験を楽しんだ後は、スリラー・ファンタジー/ミュージアムでのイルミネーションショーの賑わいに圧倒されました。

朝から晩までしっかりと堪能した、編集部を最後に盛り上げてくれたのはハウステンボス名物の花火。世界花火職師競技会と銘打って、今年は地元日本を含め世界6カ国から多くの花火師がハウステンボスを舞台にその技を競います。その日、花火を観覧した来館者による投票で上位国を決定し、9/24に最終決勝戦が行われます。第一回は日本、第二回はアメリカ、そして果たして今年の第三回優勝国はどこになるのか、みなさん、ハウステンボスに行って、その眼でご覧になってはいかがでしょうか?次回は8/27にドイツの委の米イノベイティブパイロテクニク社による、最新技術と伝統技術の融合花火を素晴らしい音楽とともにお楽しみいただけるそうです。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。