日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

第7回『どうぶつのくに』×Nikon撮影講習会@わんぱーくこうち イベントレポート

2013.4.10

前日までの予報を覆す好天に恵まれた今年度最後の『どうぶつのくに』撮影講習会。早くも7回目の開催です。今回の講師は動物写真家の内山晟さん、動物写真業界の大物です。そんな内山先生のレクチュアを受講できるとあって、募集期間が短かかったにも関わらず、今回も満員御礼大盛況をいただきました。

わんぱーく高知は、高知の中心地からほど近い、地元のこどもたちに愛される素晴らしい動物園です。ヤイロチョウやサンショウウオ、カモシカなど数々の魅力的な地元四国のどうぶつたちはもちろん、スタッフのみなさんのあたたかさ、身近さ親しみやすさが其処此処に感じられます。

地元土佐のこどもたちは元気一杯で、カメラを手にして目を輝かせてる姿を見るにつけ、天気予報の大ハズレに感謝したくなりました。内山先生のご配慮もあって、園内での撮影時間を少し長めにとったのも今回非常に良かった点でした。通常より少し長めの約2時間という撮影時間を、余すところなく使い切った参加者たちは、いつもとは違うわんぱーくの楽しみ方に味を占めたようです。

この日は、『どうぶつのくに』でも特集したコアリクイの「鳴子」の初屋外スポットガイドということもあり、一般のお客様も含めて大いに賑わっていた春休みの日曜日の園内。そんな中、満を持して登場した「鳴子」と対面しましたが、親である「リョク」や「シン」と見分けがつかないほどの成長っぷりに、編集部一同、目を丸くしました!読者のみなさん、土佐生まれの鳴子は、元気に育っています!!!

昨年の取材当時は、撮影するカメラの陰に隠れてしまう程度の大きさだった鳴子を思い出しながら、南国土佐のあたたかさ、おいしい空気とごはんに想いを馳せながら担当飼育係の吉川貴臣さんと少し、しみじみしてしまいました。これからも吉川さんの『どうぶつのくに』.net連載コラムで、鳴子の元気な様子を楽しみに応援したいと思います。(田井基文)

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。