日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.4 雪化粧のイルカスタジアム

2017.1.19

皆さま、明けましておめでとうございます。本年も『仙台うみの杜水族館』をよろしくお願いします。
全国的にも気温が下がり始め、真冬の到来ですね。
水族館がある仙台では日中でも氷点下近い気温になる時期となりました。
それにしても寒い!!
私が担当している「イルカ・アシカのパフォーマンス」を行っている「うみの杜スタジアム」は、観覧席以外は屋根がなく、この時期には雪が舞う、寒さ厳しいステージへと変わります。

1 2

そんな中でも私たちはイルカ、アシカたちと毎日パフォーマンスを行っています。
さらにトレーナーが水に入り、イルカとともに行う水中パフォーマンスも行っています。
「寒いのによくやるな」とよく声をかけてもらいますが実は水中ではそんなに寒くない!
東北という寒い地域でイルカ、アシカを飼育していくためにプールの水温を20℃前後に保っています。そのため水中にいる時は寒くないのです。
しかし、水から上がると寒い!!お客さまの見てないところではお湯で体を癒します。

3 4

気温が氷点下近くなるとプールからはたくさんの湯気が立ち、まるで温泉の様になります。
是非、そんな幻想的な風景も見に来てください。

寒い時期には体調を崩しやすいので人間も動物もこの時期の体調管理は大切です。
この厳しい時期を乗り越えるために当館では主にハンドウイルカには冬期投薬という期間限定の特別な投薬を行っています。

5

新陳代謝を良くする目的や免疫力を上げる目的で行っています。

皆さまもこの寒い時期を無事に乗り越えられるように体調管理には十分に気をつけていきましょう。

6

著者プロフィール

酒井 貴久(さかい・たかひさ)

1994年 神戸市出身。
仙台うみの杜水族館 パフォーマンスチーム 入社3年目
ハンドウイルカ カリフォルニアアシカ担当
根っからの甘党、好物はフィナンシェとパフェ

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。