日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.22 イソヒヨドリ

2021.2.20

初めて見たときは、感動しました。

背中が青くてお腹が赤茶のきれいな鳥です。イソヒヨドリです。名前に“イソ”とついているように、海岸部を中心に暮らしている鳥です。5月から6月にペアができると、岩の隙間に巣を作り繁殖が始まります。エサは地上に降りて、地面を跳ねながら昆虫類やミミズ・草の種・木の実などを探し食べます。

伊豆半島で暮らすようになってからは、どこでも見かけるようになり気付けばあそこにいたという鳥でもあります。

子供の頃は埼玉で暮らしていた私にとって、この鳥は図鑑でしか見ることができませんでした。海のある伊豆で暮らすようになってからは、山の上の方でも確認できます。私たちの住処がイソヒヨドリの生活している環境と似てきていることもあり、条件が整えば暮らしていけるようです。もしかすると皆さんのそばにも住んでいるかもしれませんね。

園内では、こんな姿だった子供たちも大きく成長しております。
お待ちしております。

著者プロフィール

飯塚 俊博 (いいづか・としひろ)

動物部 係長
1989年4月(株)伊豆バイオパーク入社
以後動物課及び動物部に所属
伊東市在住
1970年10月24日生まれ(48歳)

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。