日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

緑の回廊コスタリカ」写真展開催 

2011.9.27

「緑の回廊コスタリカ」―二つの海洋、二つの大陸の間と題して、写真展を2004年6月2日から7月12日の会期で開催した。

北米と南米をつなぐ細長い「緑の回廊」コスタリカは、マイケル・クライトンの「ジュラシックパーク」の場面でもあり、不戦の平和憲法を持つ国でも知られる。熱帯でありながら3000m級の高山が連なり熱帯煙霧林帯を形成している。コスタリカの自然は魅力的であった。

2003年、世界動物園水族館協会の総会が首都サンホセで開催された。そこで、コスタリカ大学で昆虫を研究する西田賢司君に邂逅した。すでに多くの昆虫の新種を記載していた。このたび、西田君の撮りためた写真展が実現した。

緑の回廊に凝縮された多様な環境・多様な生態系が、多様な生物種となって反映されている。環境の保全とは、種の多様性保全にほかならない。この写真展の西田君のメッセージでもある。

Photo Exhibition, “Green Corridor Costa Rica”, between two oceans, between two continents”

“Green Corridor Costa Rica”, photo exhibit was held during the period from June 2nd to July 12th, 2004.

Costa Rica called “the Green Corridor” which is long and narrow connecting North America and South America was also a stage of “Jurassic Park” by Michael Crichton.

In addition, the country is known having no-war constitution. While located in the tropical zone, high mountain of 3000m grade ranges, and tropical mist forest zone is formed. Costa Rican nature was attractive.

The general conference of World Association of Zoos and Aquariums was held in the capital San Jose in 2003. There, I met Mr. Kenji Nishida who is studying insect at the University of Costa Rica. He already described some new species of insects. This time the photograph exhibition which Mr. Nishida took and saved came true. Various creatures condensed within the Green Corridor are the reflection of various environments, or various ecosystems there. Conservation of ecosystem means the protection of conservation of biodiversity of the species.

I am sure this is a message of Mr. Nishida through this photograph exhibition.

Yoshitaka Abe,
Director,
Aquamarine Fukushima

※ この文章は2004年7月14日に安部館長が書かれたもので、テキストならびに館の外観などは当時のまま掲載しています

著者プロフィール

安部義孝(あべ・よしたか)

1940年東京都生まれ
東京水産大学増殖学科魚類学教室卒業後、東京都恩賜上野動物園水族館勤務
1968-69年、クウェート科学研究所所員となる
帰国後、東京都多摩動物園昆虫園勤務を経て、東京都葛西臨海水族園長、東京都恩賜上野動物園長を歴任
2000年より(財)ふくしま海洋科学館・アクアマリンふくしま海洋科学館・アクアマリンふくしま館長
主な著書に「クウェートの魚」など

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。