日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

“Aliiパラオ 黒潮源流の海”

2011.10.17

長期企画展示の意義(会期:2004/7/15-2005/5/23)

敗戦から60年、日米激戦の島パラオは、いまやダイバーのメッカだが、草むらや海底には日本軍の遺物がころがっている。島々は何事もなかったように原生林が復活し、サンゴ礁の海底に横たわる零戦の残骸はサンゴの「花束」がおおっていた。

小笠原の東京都水産試験場をリタイアした海洋生物学者、倉田洋二さんとパラオで20年ぶりに邂逅した。彼は、パラオ諸島の玉砕の島、ペリリュウ、アンガウル島の生き残りだ。今はパラオの首都コロールの椰子の木陰の庵に住み、墓参団のお世話などをしている。
椰子の葉擦れを聞きながら深夜まで酌み交わした。戦争はなにも解決しない。

この記憶を風化させないために、醜い戦争と対比して、あまりに美しいパラオの海をこの展示場に再現した。

この企画に当たっては、パラオ共和国、パラオサンゴ礁センター、国際協力事業団の皆様のご支援を受けました。厚く御礼申し上げます。

なお、この展示のデザイン、制作は伊藤隆治さんによるものである。生物展示、映像撮影はアクアマリンふくしまのプロジェクトメンバーによるものである。彼らの努力にも合わせて敬意を表したい。

アクアマリンふくしま
館長 安部義孝

Temporary Exhibit; “Alii Palau, The Sea of the Kuroshio Current Headstream”
Term: from 15th of July 2004, through May 23rd2005.

It passed 60 years after the World War the II. Palau Islands, the place of fierce battle between Japan and U.S. is Mecca of diver now, but the remains of the Japanese forces were neglected in the grass and the bottom of the sea. The islands seem to have had nothing, and a virgin forest revived, and “bouquet” of coral covered Zero Fighter which lied in the bottom of the sea of coral.

I met Mr. Yoji Kurata, marine biologist by chance after two decades who was retired from the Fisheries Experimenting Station of Tokyo at Ogasawara Islands is one of a few survivor of the exterminating battle in Angaur and Peleliu islands. He is now living in a hermitage under the shade of coconut tree in Koror, capital of the Republic of Palau, and doing care for the visitors of grave group. We talked together until the midnight while hearing a whisper of the leaves of a coconut tree. War solves nothing. Because we should never let this memory weather away, Aquamarine reproduced the too beautiful Palauan Sea in the clear contrast against the ugly war within this exhibition.

To conduct the present exhibition, Aquamarine Fukushima received the kind support of the Government of the Republic of Palau, Palau International Coral Reef Center, and Japan International Cooperation Agency. I would like to express my sincere appreciation for their encouragement and kind assistance.

※ この文章は2004年8月6日に安部館長が書かれたもので、テキストならびに館の外観などは当時のまま掲載しています

著者プロフィール

安部義孝(あべ・よしたか)

1940年東京都生まれ
東京水産大学増殖学科魚類学教室卒業後、東京都恩賜上野動物園水族館勤務
1968-69年、クウェート科学研究所所員となる
帰国後、東京都多摩動物園昆虫園勤務を経て、東京都葛西臨海水族園長、東京都恩賜上野動物園長を歴任
2000年より(財)ふくしま海洋科学館・アクアマリンふくしま海洋科学館・アクアマリンふくしま館長
主な著書に「クウェートの魚」など

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。