日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

命の教育/企画展「地中海、伝説と魚」

2011.10.6

珍しい動物を間近に見たいという人々の願望から生まれた動物園や水族館は、時代とともにその役割を変えてきた。

環境教育、希少種の保存、人々の心の癒しの場が現代的役割である。親の子殺しなどの人の倫理の根底をくつがえすような事件が頻発すると、従来の役割だけでは対応できない。児童虐待防止、子育支援など人間社会の安全保障にかかわる課題に、動物園や水族館が積極的な役割を果たすべき時代になったのではないか。真に環境に優しい次世代を育成するために、新しい役割の付加が必要である。それは、動物の死をも体験する「命の教育」の機会を子どもたちに保証することであろう。

最近、ラジオで哲学者、梅原猛氏が、人の倫理の根底は何か、という重いテーマで語っていた。チンパンジーの母親が死んだ我が子がミイラになるまで持ち歩くエピソードをまじえて、それは親子の愛情、特に親の子に対する無条件の愛情であると述べていた。

過剰な都市化が自然嫌いの子どもさえ生み出していると警鐘が鳴らされていたにもかかわらず、子どもたちから自然に接する機会を奪ってきた。頻発する異常事件はこのことと無関係ではなさそうだ。それは、私たち大人の責任である。

わが国ではじめて子ども動物園を開設したのは、上野動物園であった。はじめは人工保育した野生動物の子どもの「孤児」園だったが、やがてヤギ、ウシ、ニワトリなどの家畜や家禽が加わり、人の子どもの体験の場になった。水族館でもヒトデやウニ、ナマコなどの磯の生物を触らせる猫の額のような人工磯、タッチプールをつくった。これらは全国に普及し、幼児期の体験学習に一定の役割を担ってきた。しかし、多くは「ぬくもり」や「かわいい」の情操教育の域を抜け出せないでいる。

私は少年期、米沢盆地の叔父の家で夏休みいっぱい過ごしたものだ。叔父は庭で遊んでいる鶏を捕まえて殺すことを子どもたちに命じた。祖父は、飼い猫がお産をすると、子どもたちを前に、仔猫の目が開かないうちに一頭を残して庭石に頭をぶつけて殺して見せた。

捨て猫にする方がもっとかわいそうだと教えられた。稲田の曲がりくねった小川は雑魚釣りのポイントだった。フナやナマズの竹串が囲炉裏の周りに並ぶと祖父や叔父にほめられたものだ。里地里山は「命の教育」の舞台だった。

アクアマリンふくしまはさきごろ、敷地内に里地のビオトープをつくった。ビオトープとは生命の盃。ビオとカエルの鳴き声を結びつけ「ビオビオビオ・河童の里」と名づけた。河童とは架空の動物、川で遊ぶ子どもたちである。先日、保育園児による一月遅れの田植えを行った。秋には古代米が実るはずだ。

館の教育普及活動の柱を「持続可能な利用」と定めている。「よみがえる鯨文化」や「海を食べる」の企画は、鯨汁、カツオの漬け、サンマ塩焼き、かに汁など海の幸の味覚体験のイベントを連ねた。恒例の「親子釣りスクール」は、お父さんの狩猟本能を呼び覚ます意図がある。黒潮の水槽では時にサメがカツオを襲い、カツオがイワシ群を襲う。自然界の食物連鎖をかいま見ることが出来る。

アクアマリンは「命の教育」活動を質量ともに充実させ、人間社会の安全装置としての責務を果たしていく。

福島民報 日曜論壇 2004年7月18日付け

Education of life

The zoos and aquariums which came out of a desire of people to want to see the unusual animals close at hand have changed the role with the times.

>Environmental educations, rescue of endangered species, healing the heart of people are the roles of the present day. When the case that seems to overturn the root of an ethic of human being such as the child homicide by a parent is frequent, we cannot cope only by the conventional roles. Would not it be times that zoos and aquariums should have played more positive role in such problems of the child abuse prevention, supporting the child care which affect security of human being society. To bring up the truly environmental-friendly next generation, additional new role is necessary.

It will be to guarantee children an opportunity of “education of life” to experience even death of animals. Philosopher, Mr. Takeshi Umehara told on the radio recently in a heavy theme, what is the root of an ethic of human being. He stated that it will be love of mother and child, in particular unconditional love for child of parent with an episode a mother chimpanzee carry with her child that died until became a mummy. Though alarm bell was ringing when surplus civilization invented even nature hatred children, we took an opportunity to contact with nature away from children. Frequent abnormal cases do not seem to be unrelated to this thing. It is responsible for us adult.

It was the Ueno Zoological Gardens that established the children zoo for the first time in my country. The beginning was the “orphan” garden of baby wild animals which raised artificially in the zoo, but domestic animals and poultry such as goat, cow, and cock were added before long, and it became a place for children to touch the animals.

In the aquarium, artificial tide pool of postage stamp size a touch pool, which let children touch and experience the creatures of a beach such starfish, sea urchin, sea cucumbers.  These spread in the whole country and took constant role on experience learning of the infancy. However, most cannot steal out of “warmth” and a level of “the dear” cultivation of aesthetic sensitivity.

I used to spend full summer vacation in my boyhood at the house of my uncle located at Yonezawa Basin in north Japan. Uncle commanded children to catch and kill cocks which were pastured in the garden. When a domestic cat gave birth kittens, my grandfather, reserving one animal, showed children to hit head of other kittens on the garden rock and killed before while their eyes did not open. He told that you threw the kittens away to make the cats more miserable.

Creek wounding in rice field was the point of small fish fishing. When bamboo spits of crucian carps and catfishes formed a line around Irori fire place, I was praised by grandfather and uncle. The mountain village was a stage of “education of life”.

Aquamarine Fukushima recently made biotoph of the village ground within the site.

Biotoph in Germany means a cup of life. Relating with a cry of frog “Bio”, named the village as “BioBioBio, Village for Kappa”. Kappa is river imp, imaginary creature in Japan or children playing in the river. Rice-transplanting of one month delayed was practiced by the nursery school children the other day in June. Ancient rice should grow in autumn.

Aquamarine Fukushima has fixed a policy of educational activity with “the sustainable use”. In the temporary events, “Reviving Whale Culture” and “Eating the Oceans”, repeated event of taste experience of marine products sometimes serving whale soup, soaked skipjack tuna, saury grilling with salt , crab soup and so on. Annual “parent and child fishing school” has intention to remind of hunting instinct of father.

Sharks sometime attack skipjack tuna in the Kuroshio Current Tank, and tunas attack school of sardine. Audiences can have a glimpse of the food chain of the natural world.

Aquamarine Fukushima will fill up the “education of life” both in activities and achieves and bear the responsibility as the human being social safety bolt.

<>pBy Yoshitaka Abe, Director of Aquamarine Fukushima.
Fukushima Minpo Sunday article. 2004/7/18

※ この文章は2004年7月18日に安部館長が書かれたもので、テキストならびに館の外観などは当時のまま掲載しています

企画展「地中海、伝説と魚」

(会期:7/31-9/27、2004)

地中海は狭いジブラルタル海峡で大西洋に繋がる「シーポケット」である。閉鎖環境であるので多くの固有種が進化した。大半の地中海種には18世紀の偉大な博物学者リンネによって命名されている。

ローマ時代から敷石や壁面に描かれたモザイクの魚を通じて地中海沿岸の人々と海とのつながりの深さがしのばれる。ブイヤベース、パエリアは地中海の家庭料理でもある。魚介類をふんだんに使う。

ナポリは風光明媚、文化遺産の宝庫である。「ナポリを見て死ね」が諺になった。サンタルチア海岸に面したナポリ海洋研究所は19世紀につくられた石造りの荘重な建物だ。幾多の海洋学上の研究成果をあげてきた。

研究所の半地下には世界最古の水族館がある。水槽には巨大な地中海ウツボ、ムラエナ・ヘレナが何十尾ももつれあっていた。ローマ人が奴隷を処刑するのに、ウツボの池に放り込んだといわれている。シーザーが凱旋したとき6000匹のウツボを供したと伝えられている。

ウツボが権力の象徴だったようだ。またローマ時代には海の魚を飼うことが流行したといわれる。それも、魚が死ぬ間際に色を変えるのを楽しむという残酷なものだった。地中海ではこうした歴史物語にことかかない。

このたび、旧知のナポリ海洋研究所のフレグラ・ベンチベーニャ水族館長のご厚意で、研究所の資料や地中海の魚が届いた。また、同じく旧知の、東京動物園協会の中川成生氏から地中海のモザイク壁画等の写真を借用した。ここに両氏に感謝の意を表する。

※ この文章は2004年7月31日に安部館長が書かれたもので、テキストならびに館の外観などは当時のまま掲載しています

著者プロフィール

安部義孝(あべ・よしたか)

1940年東京都生まれ
東京水産大学増殖学科魚類学教室卒業後、東京都恩賜上野動物園水族館勤務
1968-69年、クウェート科学研究所所員となる
帰国後、東京都多摩動物園昆虫園勤務を経て、東京都葛西臨海水族園長、東京都恩賜上野動物園長を歴任
2000年より(財)ふくしま海洋科学館・アクアマリンふくしま海洋科学館・アクアマリンふくしま館長
主な著書に「クウェートの魚」など

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。