日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.5 エビスダイ

2016.6.17

水深100mより以浅に生息しているというエビスダイ。

1

大きさは約40cmになり、体色も赤く、体格も良い、水槽内の中層付近の目立つ場所をゆっくり泳いでくれるため展示生物として、ありがたい種類。
毎年、搬入量は少なく1シーズンに数匹程度の搬入があります。

今回の食し方は、煮付け。見た目からして、肉付きも良く身が詰まっていそうだったことから、煮付けにしたら美味しいだろう、晩ご飯のおかずにと、お持ち帰り。

泳いでいる姿を見ただけでは分かりづらいのですが、鱗が硬く分厚く、ギザギザしており、一般食用魚の感覚で鱗を取ることは不可能で、途中で諦めて湯引きをすることにしました。熱が加わると簡単に取れ、あとは調味料を加えて煮付けを作ります。

2

とても肉厚で美味しく、とてもご飯に合います。エビスダイは、漁獲量も多くない為、ここ蒲郡でもなかなか出回らない魚種らしく、市場で出会えたら是非購入して調理したい魚です。

著者プロフィール

三田 圭一 (さんだ・けいいち)

名古屋コミュニケーションアート専門学校 卒業後、竹島水族館 入社
入社年からグルメハンターとして試食開始。

担当:淡水生物、海水魚、深海生物、サンゴ、カブトガニ、クラゲ、の担当を経て、現在はアシカ(ショー含む)と両生類爬虫類、深海生物、ゲテモノ食をメイン担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。