日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.77 ハシキンメ

2022.9.20

 最近はすっかりオオグソクムシのことを書かず、深海生物紹介のコーナーになっていますが、何故か竹島水族館では常時展示されているメジャー深海魚のハシキンメをご紹介しておりませんでした。ハシキンメは体長が35cmほどになるヒウチダイ科のお魚です。キンメと付いていますが、キンメダイ科の仲間ではないんですね。ただキンメダイの仲間ではないですがとても美味しいお魚でお刺身などとても美味しいです。煮つけなども美味しいのですが、鱗が丈夫なので皮を引くのが結構大変かもしれません。残念なことに地産地消されているので、全国に流通することはあまりないようです。

 

 

 さて、そんなハシキンメですが頭がとても大きくてエサは丸飲みするタイプです。ただ水族館に来たばかりの時はエサを食べてくれないので、棒の先にアジをつけて顔の前に急に差し出してあげます。そうすると顔の前に出てきたものはとりあえず食べてみるという、エサの少ない深海に適応したような習性のため、アジを食べてくれます。それを繰り返すうちに、棒を使わなくてもエサを上から落とせば食べてくれるようになります。

 

 

 ちなみにとても丈夫で長生きする魚なので、他所の水族館さんから深海魚が欲しいと言われ「ハシキンメはどう?」と聞くと、ずいぶん前にたけすいからもらった子が元気に長生きしてるからいらないと言われます。嫁ぎ先で元気で暮らしているようで何よりです。

著者プロフィール

戸館 真人(とだて・まさと)

東海大学大学院水産学専攻博士課程前期 修了
学芸員
2010年 蒲郡市竹島水族館 勤務。
以降、海水魚、深海生物、カリフォルニアアシカなどの生物や広報、物販などの担当。
2015年 カピバラ、事務、経理も担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。