日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.19 ヨーコの新しい給餌機

2015.10.12

1

これは、海に浮かんでいるブイです。
金沢区内の海の公園でもらってきた、廃棄予定のブイに穴を開けたらカエルのようになりました。
このブイに乾草をいっぱいつめて、チェーンでゾウの寝室の梁に吊るします。
これで、新しいゾウの給餌機ができました。

夜、飼育員が帰宅してしまうと、ゾウに餌を追加で与える事ができません。
餌を食べ終わってしまった後の退屈な時間を減らすため、採食時間を延ばしたり、餌を探させる工夫が必要でした。

これまでも、色々なことを試してきました。例えば…、

①吊るした木の葉を、タイマーを使い夜中に落下させる。

2

②カモシカやサイの食べ残しの木の枝を大量に与える。
(葉っぱの無くなった枝の部分はカロリーが低く、大量にあげても太らないため)
ちなみに写真はお昼にあげた時のものです。

3

などなど… 。

①は、ヨーコが寝ている時間に木の葉が落ちてきて、ヨーコをびっくりさせてしまい、
②は、ゾウに無尽蔵に与えられる程の枝が日常的に確保できなかったことで、
改善が必要でした。

そして、今回登場した新しい給餌機は、牧草をとりづらくし、長い時間をかけて食べてくれるはずです。

4

効果が期待されます。

著者プロフィール

原 久美子 (はら・くみこ)

1959年生まれ。東京都出身。日本女子大学(現)理学部の卒論で動物園にはまり、上智大学院理工学研究科修士課程修了。
1985年から野毛山動物園に勤務、主に鳥類の飼育に携わる。横浜市繁殖センター、市役所動物園管理部門を経て2012年から金沢動物園園長。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。