日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.25 スーチョワンバーラル・ラージ成長記

2016.5.2

昨年2015年7月13日に生まれたバーラルの赤ちゃん(オス)です。
ジャイアントという名の母親にちなんで、大きく育つよう願いを込めて『ラージ』と名づけました。
出生時の体重は2.5㎏。
暑い時期に生まれましたが、猛暑を乗り越えすくすくと成長していきました。

1

展示場にデビューしてからは崖にも果敢に挑戦し、心配そうに見守る母親の近くで、元気に登り降りしていました。

2

このころ体重 11.5㎏、親と同じように牧草も積極的に食べるようになりました。
角もちょっぴり伸びてきました。

3

下の写真は2016年2月28日の写真です。体重 22.3㎏になりました。
角もだいぶ伸びてきています。親からも離れて自由に駆け回るようになりました。

4

当園では、オスの群れとメスの群れを分けて飼育しています。ラージは今後、生後約1年となる夏ごろに親離れさせ、オスの群れに入れていく予定です。

今はまだまだあどけない顔をしていますが、角は横方向に広がるようにだいぶ太く成長してきました。
身体の大きさも、一緒にいる他のメスたちと比べて少し小さいかな?というくらい。
遠目ではなかなかおとなと見分けがつかなくなってきました。

5

おとなのオスの体重は平均約60㎏。
これからまだまだ身体も角も大きくなっていくでしょう。
これからもラージの成長を楽しみに見守ってください。

著者プロフィール

原 久美子 (はら・くみこ)

1959年生まれ。東京都出身。日本女子大学(現)理学部の卒論で動物園にはまり、上智大学院理工学研究科修士課程修了。
1985年から野毛山動物園に勤務、主に鳥類の飼育に携わる。横浜市繁殖センター、市役所動物園管理部門を経て2012年から金沢動物園園長。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。