日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.42 雪の日の動物園

2018.2.19

今年は横浜でも大雪が降りました。
そんな大雪の中の動物園の様子を紹介します。

園内は一面雪。時間と共にどんどん降り積もっていきました。

ゾウの展示場ではヨーコ(写真左)とチャメリー(写真右)が、木の葉をもらって食べていました。(ボンもすぐ後ろに背中だけ写ってます)ただ、2頭とも雪はあまりお好みじゃない様子。

なるべく雪の地面を踏まないよう慎重に、木の葉を取ろうと鼻を伸ばしています。
ニホンカモシカの「カイ」は、展示場に出ていました。

大雪でも堂々と、のんびり過ごしていました。
以前は雨が強く降ったり、急に悪天候になると、「早く部屋に入れてくれ~」という感じでよく鳴き、落ち着きがなくなり、扉の前でウロウロしていた「カイ」でしたが、この悪天候の中でも堂々としている様子に、飼育担当者はカイの成長をしみじみと感じていました。

著者プロフィール

原 久美子 (はら・くみこ)

1959年生まれ。東京都出身。日本女子大学(現)理学部の卒論で動物園にはまり、上智大学院理工学研究科修士課程修了。
1985年から野毛山動物園に勤務、主に鳥類の飼育に携わる。横浜市繁殖センター、市役所動物園管理部門を経て2012年から金沢動物園園長。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。