日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.1 大具足虫

2016.1.25

皆さま初めまして。これからオオグソクムシを中心に、深海の生き物などについてお話を書かせていただきます。
まず、オオグソクムシを展示しているとかなり多くの方がダイオウグソクムシと混ざっているらしく「あ、ダイオウグソクムシ!!」と言っている姿を見かけます。完全にオオグソクムシが知名度負けをしていますが、実はダイオウグソクムシは日本に棲んでいません。遠くメキシコ湾や西大西洋から来ているのです。そしてサイズも違います。オオグソクムシは大きくなっても15㎝ほどで、ダイオウは50㎝ほどにもなるそうです。

 

1

 

その他にも名前を区切る箇所を間違えている方が多く「クソムシ」とか「オオグソ」とかかなりひどい言われようです。しかも皆さん真顔で言います。漢字で「大具足虫」と書き、体が甲冑の具足に似ているところから付いた名前のようです。ぜひちゃんと名前を憶えてあげてください。また、ダイオウグソクムシはご飯を食べなくても平気という認識が広まっているようですが、オオグソクムシはモリモリご飯を食べます。
人気がある割には結構ごっちゃにされているオオグソクムシですが、じつはわかっていないことが多く、飼育していると分かってくる不思議なことやその魅力をお伝えできればと思っていますので、よろしくお願いします。

著者プロフィール

戸館 真人(とだて・まさと)

東海大学大学院水産学専攻博士課程前期 修了
学芸員
2010年 蒲郡市竹島水族館 勤務。
以降、海水魚、深海生物、カリフォルニアアシカなどの生物や広報、物販などの担当。
2015年 カピバラ、事務、経理も担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。