日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.2 オオグソクムシに似ている生き物。

2016.3.7

 深海の水槽やタッチプールでオオグソクムシを見ていると、「シャコの仲間だね、そっくり」「フナムシの仲間じゃない?」「ゴキブリ?」などなど、お客さんは色々言っています。今回はそんな生き物たちとオオグソクムシを比べてみました。ちなみにダンゴムシに似ていると言う方は意外と少ないんです。しかもダンゴムシに似ていると言うのは決まって子供で、大人はシャコやフナムシと言う方が多いです。普段見ているものが違うんですね。面白い。

 

1

 

 さて、オオグソクムシは等脚目スナホリムシ科、シャコは口脚目シャコ科で全然違います。体に横筋が入っているところが似ているのだと思いますが、見た目も実はかなり違うので並べてみせると「似てないね」と言われます。また、シャコはエビと近い仲間だと思っている方は多そうですが、エビともかなり違います。

 

2

 

 フナムシは一応同じ等脚目でフナムシ科に属していますが、実は水中にずっといると溺れてしまいます。いつも波打ち際とかにいるのに、水の中はダメと言う何とも面白い生き物です。また、なんか気持ち悪いと言われるところは共通です。
 ゴキブリに関しては・・・、まぁ、そういう体型のゴキブリもいるにはいるということで。オオグソクムシが高速で動き回らなくて本当に良かった。

著者プロフィール

戸館 真人(とだて・まさと)

東海大学大学院水産学専攻博士課程前期 修了
学芸員
2010年 蒲郡市竹島水族館 勤務。
以降、海水魚、深海生物、カリフォルニアアシカなどの生物や広報、物販などの担当。
2015年 カピバラ、事務、経理も担当。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。