日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.16 動物園ってなに? Part IIX ~ 法律の中の動物園 2 ~

2013.12.2

【国際博物館会議(ICOM)】

 動物園は、博物館法の第二十九条で規定されている「博物館に相当する施設」に該当すると前回の記事で述べました。このことから、動物園が法律的に定義されていない現状では、博物館の定義(同法第二条)に準拠するのが妥当かもしれません。しかし、国内における定義に止まらず、もっと国際的な視野で立ち位置を認識しておく必要もあると思います。
 博物館に関する国際組織としては、通称ICOM(International Council of Museums)と呼ばれている国際博物館会議があります。本組織は1947年に創設され、現在は世界137ケ国の博物館関係者が参加する大規模非政府機関に発展しており、UNESCOや国連とも深く関与しています。日本の博物館行政にも大きな影響を与えているようです。

参考:『ICOMとは?』
http://www.j-muse.or.jp/icom/ja/

 

 

【ICOMによる動物園の定義】

 そのICOMによる博物館の定義は、「社会とその発展に貢献するため、有形、無形の人類の遺産とその環境を、研究、教育、楽しみを目的として収集、保存、調査研究、普及、展示をおこなう公衆に開かれた非営利の常設機関である」(ICOM規約(2007年8月改訂)第3条)となっています。
原文は “A museum is a non-profit, permanent institution in the service of society and its development, open to the public, which acquires, conserves, researches, communicates and exhibits the tangible and intangible heritage of humanity and its environment for the purposes of education, study and enjoyment.” です。
「楽しみ(enjoyment)を目的として」という文言はいかにも現代的ですが、内務卿大久保利通によって上程された博物館ノ議(明治8年)の「此ニ遊フ者ヲシテ啻(ただ)ニ一時ノ快楽ヲ取リ其精神ヲ養フノミナラス旁ラ眼目ノ教ヲ受ケテ不識不知開智ノ域ニ進ン□ヲ要ス」に繋がるものを感じさせます。
それはさておき、2007年に改訂されたICOM規約(ICOM Statutes)には、博物館法と同様に動物園の具体的名称が認められません。しかし、1946年のICOM設立当初の規約には、植物園と共に動物園が博物館であることが明記されているのです。その文面は以下のとおりです。
” The word “museums” includes all collections open to the public, of artistic, technical, scientific, historical or archaeological material, including zoos and botanical gardens, but excluding libraries, except in so far as they maintain permanent exhibition rooms.”
ICOM規約は1946年以降、1951年、1961年、1974年、1989年、1995年、2001年そして2007年に改正されています。2001年までの規約では博物館の定義に動物園が明記されていたのに、なぜ2007年の最新版には動物園も含めて具体的な機関名が記されていないのか、その理由については知りません。世界的に動物園が博物館として認められなくなっているのでしょうか?気になるところです。

参考:”Development of the Museum Definition according to ICOM Statutes (2007-1946)”
http://archives.icom.museum/hist_def_eng.html

 

著者プロフィール

村田浩一(むらた・こういち)

1952年神戸市生まれ。
1978年から2001年まで、神戸市立王子動物園で獣医師として働く。
2001年、日本大学生物資源科学部へ転職し、2011年からは、よこはま動物園ズーラシア園長を兼務。日本野生動物医学会会長(現顧問)、IUCN/Wildlife Health Specialist Group東アジア地区委員長。専門は野生動物医学、動物園学。楽しく学べる動物園を目指して、日々、動物園内で主に楽しんでいる。趣味は、自然の中で静かに佇むこと。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。