日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.19 動物園ってなに? Part XI ~ 法律の中の動物園 5 ~

2014.3.8

 前回は、地方公共団体が制定している動物園条例について5都市の設置目的を記しました。今回は、特筆すべき動物園条例を示します。まずは、秋田市のものです。そこには明確に「理念」として動物園設置の目的が箇条書きで掲げられています。理念(philosophy)という言葉を選んだ感覚に驚きを禁じ得ません。きっと有能な行政担当者がいたのでしょう。行政担当者の中に一人でも事業をよく理解してくれる協力者がいれば、その事業を迅速に発展できることを、これまでに幾つか経験しています。たとえば豊岡市におけるコウノトリの再導入事業がそのひとつです。

【秋田市の動物園条例】
 さて、その秋田市の動物園条例ですが、以下のような内容になっています。
 秋田市大森山動物園条例(平成17年12月27日条例第60号)(理念)第2条 動物園は、大森山の豊かな自然の中で、動物との出会いおよびふれあいを通して、市民のレクリエーションの場を提供することにより、自然および命の大切さについて学び、かつ、動物の命をつなぐ場を目指すものとする。
 さらに、その理念を具体化するための事業として、第3条には次の項目が掲げられています。
(1) 教育的な配慮のもとに、動物の収集、飼育および展示を行うこと。
(2) 動物に関する知識を深めるための活動ならびに生き物および自然を愛する気持ちを育てる活動を行うこと。
(3) 動物の種の保存活動を行うこと。
(4) 動物に関する調査研究を行うこと。
(5) 野生動物の保護および救護の活動ならびにその支援を行うこと。
(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業

「海に向かって開かれている都市の動物園では、国際的な感覚が養われるのであろうか。」

【横浜市の動物園条例】
 さらに注目したい動物園条例は横浜市のものです。おそらく秋田市も参考にしたと思われる横浜市公園条例(制定:昭和33年3 月31日条例第11号、最近改正:平成20年1 2月1 5日条例第57号)では、市内の公園の設置および管理について、都市公園法と本条例に定めるところで行う旨が記されていますが、動物園については別に動物園条例(昭和63年3月31日条例第11号)でその事業内容が定められています。その条例に記されている内容は、以下のとおりです。
 (事業)第2条 横浜市立よこはま動物園、横浜市立野毛山動物園及び横浜市立金沢動物園は、次の事業を行う。
(1) 教育的配慮のもとに、動物を収集し、飼育し、及び展示すること。
(2) 動物に関する知識、動物愛護思想及び環境教育の普及活動を行うこと。
(3) 動物に関する調査研究を行うこと。
(4) 野生動物の保護及び繁殖を行うこと。
(5) 野生動物の救護活動を行うこと。
(6) その他前各号の事業に附帯する事業
2 横浜市立万騎が原ちびっこ動物園は、次の事業を行う。
(1) 教育的配慮のもとに、主として家畜を収集し、飼育し、及び展示すること。
(2) 子供と動物とのふれあいの場を提供すること。
(3) その他前2号の事業に附帯する事業
(平10条例46・一部改正)
 横浜市の動物園では、傷病鳥獣の保護活動も行っているため、動物園の4つの役割以外に「救護活動」が事業として加えられています。
 自治体の条例に、ここまで明確に動物園の役割と意義を示しているのは、さすがだと思いました。国際港湾都市横浜として絶えず外へ向かっている進取の気質に富んでいるのでしょうか。誰が草案に関わったのか知りたいところです。同じ国際港湾都市である神戸市には、動物園条例そのものが存在せず、神戸市都市公園条例施行規則の中で入園料や開園時間などについて記されているだけですが…。

著者プロフィール

村田浩一(むらた・こういち)

1952年神戸市生まれ。
1978年から2001年まで、神戸市立王子動物園で獣医師として働く。
2001年、日本大学生物資源科学部へ転職し、2011年からは、よこはま動物園ズーラシア園長を兼務。日本野生動物医学会会長(現顧問)、IUCN/Wildlife Health Specialist Group東アジア地区委員長。専門は野生動物医学、動物園学。楽しく学べる動物園を目指して、日々、動物園内で主に楽しんでいる。趣味は、自然の中で静かに佇むこと。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。