日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.9 カムチャッカの繁殖施設

2016.7.30

 ロシア科学アカデミー太平洋地理学研究所付属のシジュウカラガン繁殖施設は、カムチャッカ州の州都のペトロパブロフスクカムチャッキーから車で約1時間のエリゾボ市にあります。八木山動物公園のガン生態園に似せてつくってはありますが、材料は古いガードレールだったり、使えなくなった漁網だったり、穴の開いたドラム缶だったりとほとんどが再利用品です。
 シジュウカラガンの餌は、タンポポの葉とスギナに、粉末のブタの餌を使っていました。私も向こうに行けば、この施設で手伝をさせられたので、その時は、毎日朝晩、タンポポの葉とスギナ摘みに袋を持って出かけました。こんな雑草食べるの、とお思いでしょうが、シジュウカラガンはホントにおいしそうに食べますよ。これが、放鳥したシジュウカラガンが野生下で、餌に困らないで生き延びるポイントの一つなのだなあと後になって思いました。
 ただし、再利用品が主な材料の施設ですから、ネズミ、テンなどの害獣が施設内に頻繁に入り込むので、害獣による被害が後を絶たないようでした。
 この施設は、シジュウカラガンの繁殖施設の他に、近隣の小学校の環境教育施設としての役割と傷病野生鳥類の保護施設にもなっていました。最盛期の頃は100羽以上のシジュウカラガンが飼育されていました。

1 2

第七回
   いくら? 「スコーリカ」 これ 「エタ」 ですから、
   これいくらですか?は、「エタ スコーリカ」です。

著者プロフィール

阿部敏計(あべ・としかず)

1956年山形県生まれ。
小さい時からネズミや鳥を捕まえては自宅で飼っていました。
そして、近くに小さな児童動物園があり、母親の実家が仙台で、夏休みといえば八木山動物公園に行っていました。
そんな、そんなで動物園で働きたいと思うようになりました。
東北大学の農学部畜産学科の修士課程修了です。
シジュウカラガンの飼育係などから、係長、課長になり、現在は副園長です。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。