日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.26 繁殖用の小部屋

2019.5.29

 みなさん、こんにちは。今回は現在のガン生態園についてお伝えします。当園ではシジュウカラガンの羽数回復事業のためにガン生態園という繁殖用の小部屋を複数備えた獣舎があります。事業が終了した現在はシジュウカラガン以外にも他の種の繁殖に使用しており、春には様々な種類のカップルをこのガン生態園にお引越しさせるので、とても賑やかになります。昨年度、多くの種類の鳥を他園から導入したこともあり、今年の春はさらに賑わっています。
 まず、サカツラガン。サカツラガンはこれまでメス1羽のみだったのですが、新たにオスを導入したので初めての繁殖に挑戦です。

 アカツクシガモも昨年度導入しました。当園では3年ぶりの飼育になります。

 インドガン。毎年、繁殖にチャレンジしているペアですが今まで雛1羽しか孵化したことがありません。今年はどうでしょうか。メスが抱卵中なのでオスは威嚇に余念がありません。

 ハクガン。毎年、雛を育てあげる優秀なペアです。抱卵、子育て中のオスは毎年張り切っています。

 シジュウカラガン。事業は終了しましたが、個体数を保つために血統を考慮して計画的に繁殖しています。今年は2ペアの繁殖を試みています。

 今年の春はたくさんの種類の鳥をガン生態園で見ることができます。かわいい雛が産まれるよう、楽しみにお待ちください。

著者プロフィール

右から
吉井 誠 1996年埼玉県生まれ。好きな動物はトラ。
今村弥生 1995年千葉県生まれ。好きな動物はカヤネズミ。
小川由貴 1989年島根県生まれ。好きな動物は猫と馬。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。