日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.24 生後約10カ月のツメナシカワウソの子どもたちお披露目しました!

2015.12.28

2015年3月17日に生まれ、6月から人工保育をしていましたツメナシカワウソの子どもたちですが、

バックヤードにてスタッフに登って遊ぶ子どもたち

バックヤードにてスタッフに登って遊ぶ子どもたち

この度新しい飼育舎が完成しましたので皆さんにお披露目することができるようになりました!

赤ちゃん飼育舎全景

赤ちゃん飼育舎全景

新しい飼育舎は「ツメナシカワウソ専用」ではなく、赤ちゃん飼育舎としてその時々で皆さんにお披露目できる赤ちゃんや子どもの動物たちを見て頂ける飼育舎として増設しました。

3方向がアクリルガラスです

3方向がアクリルガラスです

そして第一弾として長くバックヤードで生活していましたツメナシカワウソの子どもたちをお披露目することになりました。

初めての飼育舎でキョロキョロしています

初めての飼育舎でキョロキョロしています

ウソラー(カワウソ愛好家)の皆様に、いつ表へ出てくるのだと突かれ続けてきましたので、やっと皆さんにお披露目ができてホッとしています(笑)
今まではバックヤードで生活していてかわいい姿を見て頂けることができなかったですが、今は間近でご覧いただくことができますので存分にご覧ください。

すぐに慣れてスタッフと遊びました

すぐに慣れてスタッフと遊びました

子どもたちは生後10カ月にして体重が10㎏を超え、もう少しで大人のツメナシカワウソの大きさに届くまで成長しました。

男の子です

男の子です

体は大きくても表情はまだあどけなく、好奇心も旺盛で起きている時はよくお客さんに関心を持って近づいてきますので遊んであげて下さい。
やっと公開ができました子どもたちは2016年2月14日までお名前の募集をしております。良い名前が思い浮かんだ方は二見シーパラダイスのホームページをチェックしてぜひご応募をお願い致します。

女の子です

女の子です

あんなに苦労をして人工保育をした子どもたちが無事に成長し、皆さんにもお披露目ができて感無量です!
貴重なツメナシカワウソの子どもたちですので是非お早めに会いに来てあげて下さいね。

著者プロフィール

田村龍太 (たむら・りゅうた)

1976年生まれ。大阪府出身。
1996年二見シーパラダイス(現 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)入社。
現在飼育全般の管理と若いスタッフへのくだまき係をしている。「自分を生かしてくれている世間様のために還元!」と自らを正当化して時々突発的な大きな買い物をする。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。