日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.34 飛び出せ赤ちゃん!!

2016.11.21

2016年7月10日(納豆の日)に、伊勢シーパラダイスにて体重17㎏ほどで生まれたトドの赤ちゃんは生後4ヶ月にして現在55.0㎏ほどにまで成長しています。

男の子のトドの赤ちゃんです

男の子のトドの赤ちゃんです

そんな男の子の赤ちゃんは最近、ショーの為にプールの外に出ていくお父さんの小鉄くんと一緒に勝手にお客さんの目の前まで出て来ています(^-^;

お父さんはショーを頑張っています

お父さんはショーを頑張っています

なぜ出てくるかは分かりませんが、多分楽しいのだと思います。
お客さんには近距離の隔たりなしで赤ちゃんを見られるので喜んで頂いていますが、スタッフからすると結構大変です。

お父さんの邪魔をする赤ちゃん

お父さんの邪魔をする赤ちゃん

なぜならば。自発的に外に出てくるのは結構ですけど、逆にプールには自発的に帰ってくれないからです。

赤ちゃんがお客さんの方へ突進しないように見て

赤ちゃんがお客さんの方へ突進しないように見ています

・・・と言うことは、暴れる55㎏の赤ちゃんを抱っこしてプールへ帰すか、もしくは少しずつ追ってプールへ帰さないといけない。。。ということでして、スタッフの腰に大変負担がかかっています。

重い・・・重い・・(10月)

重い・・・重い・・(10月)

しかも今はまだ(まだと言うかもう既に)55㎏もあり、これ以上赤ちゃんの体重が増えると抱っこをすることはできません。
なんとか自主的にプールへ帰ってもらえるようにしないと、プールから出ないように対応をする必要が出てきます。

重過ぎる!(11月)

重過ぎる!(11月)

トドの赤ちゃんは生後約1年間お母さんからお乳をもらって成長します。
・・・と言うことはスタッフから魚(エサを)もらってのトレーニングは来年の夏前まであり得ませんので、その時期まで誘導のトレーニングを行うことができません。
しかもその頃にはもう体重が100㎏近くまで成長している赤ちゃんを抱っこするのは不可能です(^-^;

オレ帰らへんで~(赤ちゃん談)

オレ帰らへんで~(赤ちゃん談)

そんなスタッフの苦労をよそに、7~8割ぐらいの確率でお客さんの目の前まで出て来て好き勝手にウロウロしている赤ちゃん。
せっかく赤ちゃんが出て来てかわいいですが、スタッフ的には12月頃までが限界かなと思っています。
赤ちゃんの頃から人とふれあいを楽しむトドの赤ちゃんでした(^^)/

著者プロフィール

田村龍太 (たむら・りゅうた)

1976年生まれ。大阪府出身。
1996年二見シーパラダイス(現 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)入社。
現在飼育全般の管理と若いスタッフへのくだまき係をしている。「自分を生かしてくれている世間様のために還元!」と自らを正当化して時々突発的な大きな買い物をする。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。