日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.61 おかげさまでアシカの赤ちゃんは生後半年を迎えました!

2020.1.19

2019年6月28日に仮死状態で生まれ、スタッフの人工呼吸と心臓マッサージで息を吹き返したカリフォルニアアシカの赤ちゃんですが、その後安定して成長し、先日無事に生後6ヶ月を迎えました。

自発呼吸が出来るようになってもぐったりしていました(皮下注射で水分補給中)

現在は体重が約30㎏にまで成長し、幼い鳴き声もしっかりと張りのある大人の声へと変わってきています。

現在は元気いっぱいです!

そんな赤ちゃんは長らくバックヤードで生活していたのでその姿を皆さんに見て頂くことが出来ていませんでしが、無事に生後6ヶ月を迎えたと言うことで、最近は1日に1回だけ哺乳瓶からミルクを飲んでいる姿を一般のお客様にも公開しております。

スタッフの作業の邪魔をして遊んでいる赤ちゃん

お昼の12:30から5分間ほどの短い時間ですが、チュウチュウと音を立てて美味しそうにミルクを飲んでいる姿を近くで見て頂くことができます。

哺乳瓶でミルクを飲んでいる姿を近くで見て頂けます

2020年の1月31日まで名前の募集を行っていますので、良い名前を思いついた方は是非ご応募下さい。
詳しくは伊勢シーパラダイスのホームページをご覧ください。

著者プロフィール

田村龍太 (たむら・りゅうた)

1976年生まれ。大阪府出身。
1996年二見シーパラダイス(現 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)入社。
現在飼育全般の管理と若いスタッフへのくだまき係をしている。「自分を生かしてくれている世間様のために還元!」と自らを正当化して時々突発的な大きな買い物をする。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。