日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.54 ツメナシカワウソ兄弟それぞれの個性を見て頂く為に

2019.2.27

2017年4月10日に伊勢シーパラダイスで生まれましたツメナシカワウソの子供たちはもう少しで2歳になります。

きらりくんの握手

見た目の大きさはほぼ大人サイズにまで成長しましたので、ずっと2頭で生活していた仲良し兄弟を約2か月前に離してお互いが別々の飼育舎で生活が出来るようにしました。

きらりくんのお引越し風景

チャカチャカ動いていて甘えん坊なきらりくんと、きらりくんとは反対に落ち着いていて比較的1人でも大丈夫なひらりくんという性格の違いから、最初に慣れない飼育舎へお引越しするのはひらりくんを選び、2頭が一緒に青春時代を過ごした飼育舎にはきらりくんを残しました。

お引越し終了。「ここどこ?」なきらりくん

初めて見る飼育舎でしかも初めて1人になるという2つの環境の変化についていかなくてはいけませんので、甘えん坊で落ち着きがないきらりくんを最初に移動させるのは精神的に負担がかかるのではないかと考え、それなら良い意味で鈍感そうなひらりくんを先にお引越しし、きらりくんは自身が育った飼育舎で1人になるという1つだけの環境の変化に慣れてもらおうと考えました。

不安で飼育スタッフにくっつくいて離れないきらりくん

そんなお引越しから2か月が過ぎ、それぞれが1人の生活に慣れましたのできらりくんとひらりくんの飼育舎を更にお互いで交代しました。
つまり今度はひらりくんを元の慣れ親しんだ飼育舎に戻して、その飼育舎に居たきらりくんを現在のひらりくんの飼育舎へお引越ししました。

ひらりくんはリードを付けて歩いてお引越し

2頭共にどちらの飼育舎にも慣れれば、例えばまた2か月後ぐらいに再度飼育舎の交換をして、飼育舎を定期的に行ったり来たりすることにより、ちょっとした環境の変化が良い意味での刺激になれば良いなと思います。なおかつそれぞれの性格や行動の違いなどをお客さんに見て頂けたらおもしろいかと思います。

元の馴染みある飼育舎に戻ったひらりくん

著者プロフィール

田村龍太 (たむら・りゅうた)

1976年生まれ。大阪府出身。
1996年二見シーパラダイス(現 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)入社。
現在飼育全般の管理と若いスタッフへのくだまき係をしている。「自分を生かしてくれている世間様のために還元!」と自らを正当化して時々突発的な大きな買い物をする。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。