日本全国の動物園と水族館をつなぐ情報誌、「どうぶつのくに」「どうぶつえんとすいぞくかん」公式Webサイト

どうぶつのくに どうぶつえんとすいぞくかん

Vol.52 ツメナシカワウソの未来の為に

2018.11.20

現在ツメナシカワウソは日本では7頭しか飼育されていません。
その7頭のうち、伊勢シーパラダイスのブブゼラ君とズリちゃんとの間に生まれた子供が4頭います。
野生個体のツメナシカワウソの入手が難しい現在、このままでは近い将来日本の動物園水族館でツメナシカワウソに会うことが出来なくなってしまいます。

2006年伊勢シーパラダイスから始まったパイプを使ったカワウソの握手

そこで、少しでも長くツメナシカワウソの飼育展示を続けるのを目的として、2015年に伊勢シーパラダイスで生まれたゆるりくんをのいち動物公園さんのララちゃんと会わせるべく、この12月までには高知県へお引越をすることになりました。
日本でゆるりくんと合わせることが出来るツメナシカワウソの雌個体はもうララちゃんしかいません。ララちゃんが元気なうちにゆるりくんと夫婦になってもらえたら嬉しいです。

今は亡きお父さんのブブゼラくん(写真左)とお母さんのズリちゃん(写真右)

少しでも早く環境に慣れて、少しでも早くララちゃんと仲良くなって、出来るだけ早くゆるりくんとララちゃんとの間に赤ちゃんが生まれることを願います。

2015年ゆるりとくるりが生まれた頃の写真

ゆるりくんとララちゃんがカップルとしてうまく行けばよいですが、なかなかうなく行かないことも多いのが動物たちです。皆さんに応援してもらいつつ魅力的な動物たちを出来るだけ長くお客様に見て頂けたらと思います。

体重約15㎏。大人になったゆるりくん

著者プロフィール

田村龍太 (たむら・りゅうた)

1976年生まれ。大阪府出身。
1996年二見シーパラダイス(現 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)入社。
現在飼育全般の管理と若いスタッフへのくだまき係をしている。「自分を生かしてくれている世間様のために還元!」と自らを正当化して時々突発的な大きな買い物をする。

カテゴリー

カテゴリー一覧

このカテゴリーの他の記事

ページTOPへ

Copyrights © 2010 Doubutu-no-kuni All Rights Reserved.
誌面、Webにおけるあらゆるコンテンツの無断複写・転載を禁じます。